本を知る。本で知る。

祝・直木賞! 「清らかで美しい」受賞作を含む、窪美澄の小説4選。

夜に星を放つ

 第167回芥川賞・直木賞が発表された。

 芥川賞に高瀬隼子さんの『おいしいごはんが食べられますように』、直木賞に窪美澄さんの『夜に星を放つ』が選ばれた。窪さんは、3回目のノミネートでの受賞となる。

 そこで今回は、「清らかで美しい」短編集と評価された直木賞受賞作『夜に星を放つ』を含む「窪美澄の小説4選」をお届け。1人の作家からこんなにもさまざまな色合いの作品が生まれるのかと、感嘆する。

心の揺らぎが輝きを放つ短編集

■『夜に星を放つ』(2022年刊行)

book_20220721161831.jpg
『夜に星を放つ』(文藝春秋)

 第167回直木賞受賞作。「著者の真骨頂五編」を収録した短編集。かけがえのない人間関係を失って傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける。

 婚活アプリで出会った恋人との関係、亡くなった双子の妹の彼氏との交流を通し、人と別れることの哀しみを描く「真夜中のアボカド」。父の再婚相手との微妙な溝を埋められない小学生の寄る辺なさを描く「星の随に」。この2編では、コロナ禍が設定に取り入れられている。

 コロナ禍から逃げていないこと、それを日常生活の中で取り上げて小説にしたことも評価された。窪さんは、誰もが重いものを抱えているいま、「せめて、小説の中では心が明るくなれるように」との思いで書いたという。

 喪失、困難、そこからかすかに見える希望。「夜に星を放つ」美しい情景が目に浮かぶ。イチオシは選べない。5編すべてがよかった。

 書評はこちら


 

すべての形の家族に贈る短編集

■『いるいないみらい』(2019年刊行、2022年文庫化)

book_20220721161959.jpg
『いるいないみらい』(角川文庫)

 既婚、未婚、離婚、妊活、子ども嫌い......。さまざまな形の家族に温かい眼差しを向ける5編を収録した短編集。

 結婚して3年、35歳の知佳は夫と2人暮らし。産休に入る同僚を横目に、結婚しているだけで幸せじゃないか、とメロンパンの欠片をコーヒーで飲みくだす日々。不妊治療を経て無事に出産した妹を見舞った夜、夫から「赤ちゃん、欲しくない?」と問われた知佳は、咄嗟に答えられず......(「1DKとメロンパン」)ほか。

 5人の主人公それぞれが思い描く「子どもがいる・いない未来」。自分と同じことを考えている主人公、同じ状況に置かれている主人公が、ここにいるかもしれない。子どもは欲しい、でも......と悩んだりつらい思いをしたりしている人に読んでほしい。

 書評はこちら


 

「決別」と「再生」の物語

■『朔が満ちる』(2021年刊行)

book_20220721162114.jpg
『朔が満ちる』(朝日新聞出版)

 家族を「暴力」で棄損された者たちの「決別」と「再生」の物語。これは、斧......? 表紙からして、先に紹介した2冊と雰囲気がだいぶ異なることが伝わるだろう。

 僕は中学1年生のとき、酒を飲んでは暴れ、家族に暴力をふるう父を殺そうとした。家族と離れ、悪夢のような記憶とともに生きていく僕。荒んだ生活の中で、ある人との出会いから、徐々に自身の過去と向き合おうとする。

 書評はこちら


 

映画化もされたデビュー作

■『ふがいない僕は空を見た』(2010年刊行、2012年文庫化)

book_20220721162212.jpg
『ふがいない僕は空を見た』(新潮文庫)

 窪さんのデビュー作。第24回山本周五郎賞受賞。2011年本屋大賞第2位。

 高校1年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが──。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と2人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。


 

 受賞会見で窪さんは、「小説にしか解決できない心の穴」のようなものがあると話している。ふだん小説を読まない人も、この機会にぜひ、気になる1冊を手にとってみてほしい。


■窪美澄さんプロフィール

 1965年東京都生まれ。2009年「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞。受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』が、本の雑誌が選ぶ2010年度ベスト10第1位、2011年本屋大賞第2位に選ばれる。また同年、同書で山本周五郎賞を受賞。12年『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞、19年『トリニティ』で織田作之助賞を受賞。その他に『さよなら、ニルヴァーナ』『よるのふくらみ』『やめるときも、すこやかなるときも』『じっと手を見る』『私は女になりたい』『朔が満ちる』など著書多数。


※画像提供:文藝春秋、KADOKAWA、朝日新聞出版、新潮社


     
  • 書名 夜に星を放つ
  • 監修・編集・著者名窪 美澄 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2022年5月30日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・224ページ
  • ISBN9784163915418

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

受賞作の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?