本を知る。本で知る。

【直木賞候補】読者も「心の形」を暴かれる! 読み応えあるノンストップ・ミステリー。

爆弾

 「東京、炎上。正義は、守れるのか。」

 第167回直木賞候補作『爆弾』(講談社)。著者の呉勝浩(ご かつひろ)さんは、これで3度目の直木賞ノミネートとなる。選考会は7月20日に行われる。

 本書は、「爆発を予言する男VS.翻弄される警察」の心理戦を描いたノンストップ・ミステリー。事件の真相に迫っていく過程で、人間の、そして読者1人1人の「欲望の形」「心の形」が暴かれてしまう。


 都民1400万人を人質にとる無差別爆破テロ。動機も目的もわからない。爆弾の在り処の手がかりは、容疑者と思しき中年男が出す"クイズ"のみ。限られたヒントしかない状況で、警察は爆発を止めることができるのか。狭小な取調室の中で、最悪な男との戦いが始まる。

べつによくないですか?

 スズキタゴサク、49歳。いがぐり頭にとぼけた瞳、小太りで、へらへらしている。酔っ払って傷害事件を起こし、中野区の野方(のがた)警察署に連行されてきた。

 刑事の等々力(とどろき)が、被害者は治療費さえ払ってくれれば騒ぐ気はないそうだと伝えるが、金がないと言う。そこでスズキは、こう提案する。自分が刑事の役に立つから、被害者を説得してくれないかと。

 「わたし、昔から、霊感だけはちょっと自信がありまして。だからこう、何か事件が起こるのを、事前に予知して伝えられるかもしれません」

 「十時ぴったり、秋葉原のほうで、きっと何かありますよ」。すると本当に、秋葉原の空きビルで爆発が起こった。「わたしの霊感じゃあここから三度、次は一時間後に爆発します」――。スズキは笑みを浮かべて言った。

 名前も顔も知らなくても社会を回している「仲間」と思える人間はいるが、人を傷つけて平気な顔をする奴は「ふつうの人間」とは呼べない。等々力はそう考えていた。しかし、スズキは違った。「爆発したって、べつによくないですか?」

 「どこかで何かが爆発して、誰かが死んで、誰かが哀しむんでしょうけど、でもべつにその人は、わたしに十万円を貸してくれるわけじゃない。わたしが死んでも哀しまないし、わたしが死ぬことだって止めようとしませんよ、きっと」

 そして11時、今度は東京ドームのそばで爆発が起こった。

心の形を当ててみせます

 野方署に警視庁特殊犯捜査係がやってきた。この非道な犯罪を止められるのはあなたしかいない、次の爆弾のヒントさえあれば、とスズキに協力を求める。すると、スズキは緊迫した状況にそぐわない「遊び」をはじめた。

 「とても簡単な遊びです。いまから質問を九つします。刑事さんはそれに答えてくれたらいいです。そしたら最後に、わたしが刑事さんの心の形を当ててみせます」

 スズキはとにかく饒舌だった。「では一問目です。刑事さんは明るくゆるやかな坂道を歩いています......」。延々とつづく無駄話かと思われたが、警察は途中ではたと気づく。とんちや言葉遊びのなかに、次の爆弾のヒントが巧妙に隠されていることを。

 「文無しで自堕落で良心が麻痺した中年男。失うものを失った、無敵の人」。この男は霊能力者か、爆弾魔か、バケモノか、それとも――。

book_20220708225200.jpg

 容疑者と警察の会話劇、謎解き、登場人物の本性......本書の読みどころはいろいろある。善・悪、正・誤、普通・異常。自分は前者だと思い込んでいないか。本当にそうなのか。意識したこともない「心の形」を暴かれたようで、ヒヤッとした。読者も試されているところが面白い。

 「奴によって引きずり出されたおのれの本性。心の形。そのすべてが恐ろしく、受け止めきれない」

 片時も目を離さず、一言一句聞き漏らさないように。張り詰めた空気の取調室に身を置き、スズキと対峙する感覚になる。読みながら何度も「えっ」と声が出た。とても傍観者ではいられない。


■呉勝浩さんプロフィール

 1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。現在、大阪府大阪市在住。2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。18年『白い衝動』で第20回大藪春彦賞受賞、同年『ライオン・ブルー』で第31回山本周五郎賞候補、19年『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』で第72回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補、20年『スワン』で第41回吉川英治文学新人賞受賞、同作は第73回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)も受賞し、第162回直木賞候補ともなった。21年『おれたちの歌をうたえ』で第165回直木賞候補。他の著書に『ロスト』『蜃気楼の犬』『マトリョーシカ・ブラッド』などがある。


※画像提供:講談社



 


  • 書名 爆弾
  • 監修・編集・著者名呉 勝浩 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2022年4月18日
  • 定価1,980円(税込)
  • 判型・ページ数四六変型判・425ページ
  • ISBN9784065273470

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?