本を知る。本で知る。

「つまり子ども、もらってくれませんか?」芥川賞作家・高瀬隼子が問う、生殖と愛。

犬のかたちをしているもの

昔飼っていた犬を愛していた。
どうしたら愛を証明できるんだろう。犬を愛していると確信する、あの強さで――。

 『おいしいごはんが食べられますように』(講談社)で、第167回芥川賞を受賞した高瀬隼子さん。2019年、デビュー作にして第43回すばる文学賞を受賞した『犬のかたちをしているもの』(集英社)がこのたび文庫版で登場した。

book_20220822153311.jpg

 30歳の間橋薫は、恋人の田中郁也と半同棲のような生活を送っている。21歳の時に卵巣の手術をして以来、男性とは付き合ってしばらくたつと性交渉を拒むようになった。

 郁也との交際時にもそのうちセックスしなくなると宣言をしていたが、「好きだから大丈夫」と言われていた。しかし、ある日、郁也に呼び出されたコーヒーショップに赴くと、ミナシロと名乗る見知らぬ女性がいた。郁也の大学時代の同級生で、「お金を払ってセックスをした相手」だという。彼女は薫に郁也の子を身籠っていること、そして「堕ろすのは怖いが子どもは欲しくない」と話し、こんな提案を持ちかけた――。

「間橋さんが育ててくれませんか、田中くんと一緒に。つまり子ども、もらってくれませんか?」

 子どもを産みたいと思ったこともなく、可愛いと思ったこともない薫だったが、郁也のことはたぶん愛している。考えぬいたうえ、産まれてくる子どもの幸せではなく、故郷の家族を喜ばせるためにもらおうかと思案するのだったが......。最終的に薫が下した決断とは?

 1人の女性の「問い」を通して、セックスについて、愛について、子どもを産み育てることについて、真摯に描いた作品だ。

 芥川賞受賞で注目されている高瀬さんのデビュー作。この機会に読んでみてはいかがだろうか。

■高瀬隼子(たかせ・じゅんこ)さんプロフィール

1988年愛媛県生まれ。東京都在住。立命館大学文学部卒業。「犬のかたちをしているもの」で第43回すばる文学賞を受賞

※画像提供:集英社


  • 書名 犬のかたちをしているもの
  • 監修・編集・著者名高瀬 隼子
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2022年8月19日
  • 定価550円(税込)
  • 判型・ページ数文庫判、160ページ
  • ISBN9784087444278

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?