読むべき本、見逃していない?

月刊プリンセスの付録に「王家の紋章」新作描き下ろしの単行本0巻

 1976年から連載がスタートし、単行本は65巻にもなる「王家の紋章」(著・細川智栄子あんど芙~みん)。"少女マンガの金字塔"ともいわれるこの作品に、新たに0巻が描き下ろされた。「月刊プリンセス」(秋田書店)2020年1月特大号の付録になっている。

20191207_princesssub1.jpg
写真は、「月刊プリンセス」(秋田書店)2020年1月特大号の付録0巻

 0巻では、今まで語られることのなかった物語を収録。同誌での連載はしばらく休載していたが1月号から再開し、表紙と巻頭カラーページを飾っている。

20191207_princessmain.jpg
写真は、「月刊プリンセス」(秋田書店)2020年1月特大号の表紙

 「王家の紋章」は、エジプトに留学中のアメリカ人少女キャロルが古代にタイムスリップしてしまうという設定。キャロルは古代エジプトで王メンフィスと出会い、互いに反発しあいながらも恋に落ちる。ナイルの河がつなぐ3,000年の時を超えた愛の物語だ。2016年と17年にはミュージカル化もされた。

 1月号には当時掲載したミュージカル「王家の紋章」のメインキャスト5人にインタビューした記事も再録。ミュージカル衣装を纏った写真と共に、42ページのボリュームで紹介されている。

 

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?