本を知る。本で知る。

【2022年本屋大賞】発表目前! みんなの「推し本」1位は?

2022年本屋大賞

 2022年本屋大賞が、4月6日に発表される。ノミネート作は以下の10作品。

青山美智子『赤と青とエスキース』(PHP研究所)
知念実希人『硝子の塔の殺人』(実業之日本社)
米澤穂信『黒牢城』(KADOKAWA)
小田雅久仁『残月記』(双葉社)
一穂ミチ『スモールワールズ』(講談社)
朝井リョウ『正欲』(新潮社)
逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)
町田そのこ『星を掬う』(中央公論新社)
西加奈子『夜が明ける』(新潮社)
浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』(KADOKAWA)
(作品名五十音順)

「推し本」1位は青山美智子『赤と青とエスキース』

 BOOKウォッチでは、読者アンケートを実施。みんなの「推し」を調査した。4月5日21時時点では、203票中青山美智子さんの『赤と青とエスキース』が1位(32票)。次いで、知念実希人さんの『硝子の塔の殺人』浅倉秋成さんの『六人の嘘つきな大学生』が2位(いずれも29票)、3位は町田そのこさんの『星を掬う』(22票)となっている。

 詳しい投票結果は、「2022年本屋大賞」ノミネート10作品。あなたの推しはどれ?を参照。

 いずれも力作ぞろい。BOOKウォッチではこれまでにノミネート作を紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

『赤と青とエスキース』本屋大賞ノミネート作は、仕掛けに満ちた連作短篇。(『赤と青とエスキース』)


何度も覆される予想...500ページを一気読みした。【本屋大賞ノミネート作】(『硝子の塔の殺人』)
黒田官兵衛が「地下牢探偵」。直木賞受賞、米澤穂信さんの戦国ミステリ『黒牢城』を読む。(『黒牢城』)

満月の夜、何かが変わる。月をモチーフにした3つの作品。(『残月記』)

一穂ミチ。本好きなら、見過ごすわけにはいかない。直木賞候補作の衝撃(『スモールワールズ』)

傑作か問題作か? 朝井リョウ10周年記念『正欲』の衝撃(『正欲』)

主人公は独ソ戦の「女性狙撃兵」。いまこそ読みたい、本屋大賞ノミネート作。(『同志少女よ、敵を撃て』)

本屋大賞ノミネート作。22年ぶりに再会した母娘の物語に釘付け。(『星を掬う』)

本屋大賞ノミネート作。『夜が明ける』に込めたメッセージは。(『夜が明ける』)

ミステリの新星・浅倉秋成の最新作が大評判。就活で繰り広げられる「青春心理ゲーム」(『六人の嘘つきな大学生』)





 


  • 書名 2022年本屋大賞

候補作の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?