本を知る。本で知る。

フランス人女性が初めてノーベル文学賞を受賞。映画「あのこと」原作が11月に文庫化

シンプルな情熱

 2022年のノーベル文学賞に、フランスの作家アニー・エルノー氏が選ばれた。フランス人の女性が同賞を受賞するのは今回が初めて。

 エルノー氏は自らの経験をもとに、庶民の立場からジェンダーや階級などの格差を描いてきた。パリの出版社での記者会見でエルノー氏は、「今回の受賞であらゆる社会の不平等と闘い続ける責任を負うことになった」と、ノーベル賞作家としての使命を語った。

 女性教師と年下の男性との不倫を赤裸々に描いた代表作『シンプルな情熱』は、日本では早川書房から刊行されており、2021年には同名の映画化作品が、日本を含めた世界各国で公開された。

『シンプルな情熱』アニー・エルノー/堀茂樹 訳(ハヤカワepi文庫)
『シンプルな情熱』アニー・エルノー/堀茂樹 訳(ハヤカワepi文庫)

 また2022年12月2日には、中篇「事件」を原作とした映画『あのこと』が日本で全国公開される。人工妊娠中絶が違法であった1963年のフランスで、予期せぬ妊娠をした大学生の苦悩を描いた作品で、映画は2021年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。また「事件」を所収する『嫉妬/事件』が、11月2日に早川書房から刊行される予定だ。


■アニー・エルノー氏
1940年、フランス北部ノルマンディー地方のリルボンヌ生まれ。 1974年、作家としてデビュー。父を語った自伝的な第4作『場所』で84年度ルノードー賞を受賞。つづく第5作『ある女』では母を語り、『シンプルな情熱』では一転して自己の性愛体験を語って大反響を呼び、ベストセラーのトップに躍り出た。


※画像提供:早川書房


   
  • 書名 シンプルな情熱
  • 監修・編集・著者名アニー・エルノー 著 堀茂樹 訳
  • 出版社名早川書房
  • 出版年月日2002年7月25日
  • 定価880円(税込)
  • 判型・ページ数文庫判・166ページ
  • ISBN9784151200205

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

受賞作の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?