本を知る。本で知る。

「新型コロナへの考え方が変わった」と話題の解説書。「本当のところ」に迫る!

新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか

   新型コロナに関する報道は、不安になる情報で溢れている。本当のところはどれほど問題なのだろうか。そんな情報をまとめた木村盛世さんの解説書が話題だ。

book_20210806113230.jpg

   本書『新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか』(飛鳥新社)は、2021年2月に発売されて以来、重版を重ね、7月に4刷目を発売した。

   医師で元厚生省医系技官の木村さんが、感染症の基本法則からワクチン接種の注意点までデータとファクトに基づきわかりやすく丁寧に解説している。

book_20210806113249.jpg

本書の目次は以下の通り。

第1章 感染症の基本法則
第2章 報じられない本当の問題点
第3章 日本に必要な感染症対策
第4章 厚生労働省と日本医師会の大罪
第5章 医療崩壊を防ぐために
第6章 感染症から国民を守れない法体系
第7章 ワクチン接種の注意点と科学的根拠に基づいた対策

   「正解」が分からず誰もが不安に思っている今、新型コロナの「本当のところ」に迫る本書。新たな視点を与えてくれそうだ。

■木村盛世(きむらもりよ)さんプロフィール

1965年生まれ。筑波大学医学群卒業。米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了(MPH公衆衛生学修士号)。ジョンズ・ホプキンス大学デルタオメガスカラーシップを受賞。米国CDC(疾病予防管理センター)他施設研究プロジェクトコーディネイター、財団法人結核予防会に勤務後、厚生労働省入省。厚生労働省医系技官を経て、現職。著書に『厚労省と新型インフルエンザ』(講談社現代新書)、『厚生労働省崩壊』(講談社)、『厚労省が国民を危険にさらす』(ダイヤモンド社)、『辞めたいと思っているあなたへ』(PHP研究所)など。最新刊『新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか』(飛鳥新社)が4刷と話題。

※画像提供:飛鳥新社


 
  • 書名 新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか
  • 監修・編集・著者名木村 盛世 著
  • 出版社名飛鳥新社
  • 出版年月日2021年2月15日
  • 定価1,320円(税込)
  • 判型・ページ数208ページ
  • ISBN9784864108256

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新型コロナウィルスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?