本を知る。本で知る。

白菜と大根を大量消費・使い切りレシピ 新しいおいしさでマンネリしない

 今年は台風の被害がなかったため、大根や白菜がよく育ったのだとか。しかし、飲食店の時短営業などの影響でお店への出荷量が減ったり、市場での値段が下落したりと、野菜の値段よりも出荷する箱代の方が高くなり、利益が出ないため大量廃棄されているケースもあるそうだ。

画像は、『旬の食材シリーズ 2 使いきり!大根・白菜』(扶桑社)
画像は、『旬の食材シリーズ 2 使いきり!大根・白菜』(扶桑社)

 扶桑社は、このような背景から「私たちがスーパーで大根や白菜を買うことも1つ、農家さんの応援になるのではないでしょうか。大根・白菜を使った料理をご家庭でお楽しみください!」と、2020年11月6日に発売した別冊エッセ『使いきり!大根・白菜』のレシピを一部、無料公開している。

参考リンク 別冊エッセ『使いきり!大根・白菜』公開レシピ

画像は、チーズ入り白菜ボール
画像は、チーズ入り白菜ボール

 この芽キャベツのような一口サイズのかわいい料理は、白菜の外葉12枚、約1キログラムを消費できる「チーズ入り白菜ボール」。シューマイをアレンジしたレシピだ。クリスマスや年末年始などのパーティーメニューとしても喜ばれそう。

白菜ステーキのベーコンソース
白菜ステーキのベーコンソース

 ほかにも、大きめの白菜4分の1個を消費できる「白菜ステーキのベーコンソース」など、新しいおいしさを楽しめる。

画像は、定番の牛スジ大根
画像は、定番の牛スジ大根
esse20201214sub9.jpg
画像は、ピーラー大根と豚バラのぐるぐる蒸し
画像は、大根とタラのバターステーキ
画像は、大根とタラのバターステーキ
画像は、定番のふろふき大根
画像は、定番のふろふき大根

 大根は、まるごと1本使いきれる「大根とタラのバターステーキ」や「ふろふき大根」「牛すじ大根」、2分の1本消費できる「ピーター大根と豚バラのぐるぐる蒸し」など。

 この冬は旬でおいしい大根と白菜をたっぷりと食べて、気になる野菜不足を少しでも解消したい。


※画像提供:扶桑社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?