本を知る。本で知る。

まだ40歳だけど...。プチ不調、更年期か病気かを見分けるには。

更年期ってこういうこと図鑑

 歳を重ねるにつれて、イライラしたり、落ち込んだり、汗が止まらなくなったり...。これは病気なのだろうか、それともいよいよやってきた更年期障害なのだろうか?

 40代後半から始まるとされる「更年期」とうまく付き合っていくためのコツをまとめた『更年期ってこういうこと図鑑』(宝島社)が3月15日に発売される。

book_20220309145339.jpg
『更年期ってこういうこと図鑑』(宝島社)

 多くが40代の後半から始まる「更年期」は、月経がなくなる「閉経」の前後5年、計10年間を指す。その期間に女性ホルモンの低下が原因で引き起こされる不調を「更年期障害」と呼ぶ。

 「更年期」の女性たちの体は、どのように変化するのか。どのように自分や周りと向き合い、上手に付き合っていくか、監修の石原新菜先生と一緒に考えていく形になっている。

book_20220309145359.jpg

 まずは、本書付属の「更年期障害セルフチェックシート」で、自分自身の状態をチェックしよう。

book_20220309145420.jpg
更年期障害セルフチェックシート

 わかりにくい更年期をきちんと理解して、「ゴールデンエイジ」と呼ばれるアフター更年期を健やかに迎える準備ができる一冊だ。例えば、「閉経前のサイン」や「原因不明の目の痛み」など、気になる疑問やお悩みごとに、原因、予防、対処法を分かりやすく解説している。

【閉経前のサイン】

40歳を過ぎて、生理が不安定になってきたら閉経が近づいてきているサイン。月経の周期や経血量が変わっていないか、変化を感じとって。
book_20220309145445.png

【原因不明の目の痛み】

Q:最近、目が疲れるというよりも、目の奥に押されるような痛みを感じます。
A:コラーゲンが減って、目の潤いが保てないのが原因です。色の濃い野菜や果物、コラーゲンを補充して。
book_20220309145519.png

【更年期ドック】

Q:更年期ドックってどんなことをしますか?
A:通常の健康診査では行わない、ホルモン値や貧血の検査、経腟エコーなど、女性の機能に特化した検査をします。
book_20220309145549.png

症状や改善策が分かりにくく、周りから理解を得るのが難しい「更年期」と付き合っていくためにも、まずは「更年期」を理解するところから始めよう。

book_20220309145615.png

【目次】
第1章 更年期と女性ホルモンの関係って?
第2章 更年期にはどうなるの?
第3章 身体や心の乱れはセルフケアで!
第4章 どうやって更年期と向き合う?
第5章 これって病気? 更年期障害?

■監修・石原新菜(いしはら・にいな)さんプロフィール

医師・イシハラクリニック副院長。ヒポクラティック・サナトリウム副施設長。健康ソムリエ理事、ロングライフラボ理事。
1980年長崎県生まれ。小学校は2年生までスイスで過ごし、その後、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。2000年4月帝京大学医学部に入学。2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。クリニックでの診察のほか、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。著書『お医者さんがすすめる不調を直す10倍ショウガの作り方』をはじめ、『やせる、不調が消える読む冷えとり』『オトナ女子の不調がみるみる改善する本』『バウエルダイエット腸を整えて、ラクに痩せる!』等30冊を数え、韓国、香港、台湾、ベトナムでも翻訳され出版されている。
日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。二児の母。

※撮影:BOOKウォッチ編集部画像提供:宝島社

  • 書名 更年期ってこういうこと図鑑
  • 監修・編集・著者名石原新菜 監修
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2022年3月15日
  • 定価1,580円(税込)
  • ISBN9784299027917

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?