本を知る。本で知る。

「阿吽の呼吸で感じあえるようになれば...」アエラが村元哉中・髙橋大輔ペアを独占取材。

AERA2月7日号

 1月31日発売の「AERA(アエラ)2月7日号」(朝日新聞出版)は、2月4日に開幕する北京五輪を特集。3連覇への期待が高まるフィギュアスケート男子シングル選手の羽生結弦さんをはじめ、2大会連続で銀メダルを獲得し今回「悲願」の金を目指すスノーボード選手の平野歩夢さん、「そだねー」や「もぐもぐタイム」で注目されたカーリングの「ロコ・ソラーレ」などについての記事を掲載している。また五輪代表は逃したものの、フィギュアスケート四大陸選手権で銀メダルを獲得した、アイスダンスの村元哉中さん・髙橋大輔さんペアに独占インタビューをおこなった。


 まもなく開幕する北京五輪。巻頭で注目するのは、3連覇の期待がかかるフィギュアスケート男子シングル選手の羽生結弦さんだ。昨年末の全日本選手権後の「五輪3連覇」宣言を入口に、羽生さんがどのような姿勢で北京五輪に挑んでいるのか、本人の言葉をヒントにリポートしている。4回転半のジャンプという、今までと同じやり方では越えられない壁を前に、羽生さんはいかに試行錯誤しているのか。「結弦に敬意を持って挑む」と話すアメリカ代表のネイサン・チェンさんや、羽生さんとともに代表に選ばれた宇野昌磨さん・鍵山優真さんについても取材した。

まさか自分と世界を目指すことになるとは。

 さらにアエラは、五輪代表は逃したものの、1月20日・21日にエストニアで開かれたフィギュアスケート四大陸選手権に出場し、アイスダンスで銀メダルを獲得した村元哉中さん・髙橋大輔さんの「かなだい」ペアに独占インタビューした。
 村元選手がシングルからアイスダンスに転向したとき、「彼女は本気で世界を狙える」と思っていたという髙橋選手。「まさか自分と世界を目指すことになるとは」と感慨を語る。一方、結成わずか2年でここまで成し遂げたことについて村元選手は、「お互い、表現する熱意、パフォーマーとしての姿勢、作品を作りたい思いが強いのが似ているためかもしれません」と振り返る。
 今後の課題について、「カップル競技はお互いのテンションが一緒じゃないとうまくいかない」と髙橋選手。「阿吽の呼吸で感じあえるようになれば、演技がもっと良くなると思います」。まだまだ伸びしろがあることを感じさせるかなだいペアのインタビューの詳細は、ぜひ本誌で確かめてほしい。

表紙は「稔さん」松村北斗

 今号の表紙は、NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で昭和の好青年「稔さん」こと雉真稔役を演じ、話題となったSixTONES(ストーンズ)の松村北斗さん。インタビューでは、朝ドラ撮影で見つけた演技の課題や、地元静岡へ帰省したときに友人と話した「空」の話などを語った。

 「米化」という料理法を編み出し、オートミールブームに火をつけた、料理家のこれぞうさんも登場。「ナシゴレンの目玉焼きのせ」「石焼き風ビビンバ」「塩昆布のおにぎり」などのレシピを紹介している。実際に作って食べたライターの感想は「時短・簡単・かなり美味」だそう。オートミールダイエット、試してみる価値がありそうだ。

 今号にはこのほか、以下のような記事を掲載している。

コロナの職場危機「4割欠勤」でも仕事を止めない試行錯誤
オミクロン株対策は「ギアチェンジ」を早く
祝祭を迎える中国の行方「ゼロコロナの代償は大きかった」
札幌2030年冬季五輪招致「経費総額」は削減案でも3千億円
丸山隆平 ミュージカルで念願のヘドウィグ役
「思いやり予算→同盟強靱化」言葉の置き換えに違和感
トンガ噴火で津波 そのとき特務機関NERVは
住宅ローン減税「減税幅縮小」後の新たな損益分岐点
ファイトマネーを保護犬に寄付する格闘家
藤井聡太 勝負を決めた長考148分
「2+2」文書から浮かび上がる日米安保の未来

※画像提供:朝日新聞出版


  • 書名 AERA2月7日号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年1月31日
  • 定価440円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?