本を知る。本で知る。

パン好きも知らないことばかり!?最高の「トリセツ」出た。

パンのトリセツ

   焼きたてのパンの香りを嗅ぐと幸せな気持ちになれる。そんなパン好きの皆さん必見の、各国のパン12種類を徹底解剖した『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)が5月25日に発売される。

main.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)

   本書では、バゲットや食パン、ベーグルなどの食事パン12種の基本情報、製法の特徴、バリエーション、切り方、焼き方、おすすめの食べ方を解説している。

sub3.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)より

   パンの種類別に、それぞれのおすすめの食べ方から、肉や卵など食べたい食材と合うパンの選び方まで、じっくり解説している。

sub4.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)より

   ほかにも、フランスやイタリア、ドイツなど各国のパンを日本で味わい、楽しむコラムや情報を解説したページも必見である。

sub1.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)より

   著者の池田浩明(いけだ・ひろあき)さんは、ライター兼、パンの研究所「パンラボ」主宰。日本中のあらゆるパンを食べまくり、パンについて様々な記事を書き綴るブレッドギーク(パンおたく)だ。編著書には、『パン欲』(世界文化社)、『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『僕が一生付き合っていきたいパン屋さん』(マガジンハウス)などがある。

   最近では、国産小麦の美味しさを伝える「新麦コレクション」の活動も行っている。

   山本ゆりこ(やまもと・ゆりこ)さんは、菓子・料理研究家兼、カフェオレボウル収集家である。日本女子大学家政学部食物学科卒業した後、1997年にフランスへ行き、その後12年間パリで暮らした。その間、パリのリッツ・エスコフィエとル・コルドン・ブルーにてフランス菓子を学び、三ツ星レストランやホテル、製菓店にて修業を重ねた。現在は、パリや食器、お菓子に関する本を30冊以上出版している。

sub2.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)より

   本書の目次の一部を抜粋する。

   食べたことがあっても、名前を知らなかったあのパンのレシピも、ここにあるかもしれない。

バゲット
リュスティック&パン・ド・ロデヴ
カンパーニュ
クロワッサン
食パン
コッペパン&バターロール
フォカッチャ
イングリッシュマフィン
ライ麦パン
ベーグル
パンの基本
パンのための食材別レシピ集
《コラム》妄想特派員だより(フランス:バゲット&和惣菜、日本:菓子パン&惣菜パン、北欧:クネッケほか)
sub5.jpg
画像は、『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)より

   実用性もありながら、読み物としての充実度も高い『パンのトリセツ』(誠文堂新光社)。

   本日のランチタイムのお供に、手に取ってみてはいかがだろうか。


※画像提供:誠文堂新光社

  • 書名 パンのトリセツ
  • 監修・編集・著者名池田 浩明 著
    山本 ゆりこ 著
  • 出版社名誠文堂新光社
  • 出版年月日2021年5月25日
  • 定価1,980円(税込)
  • ISBN9784416519264

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?