読むべき本、見逃していない?

『教養としての平成お笑い史』で回顧する「平成」

 1年前、2019年4月で「平成」は終わった。昨年の今頃は、平成を回顧する本の出版が相次いでいた。『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)もその中の一冊だった。

owarai.png
写真は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 昭和と平成のお笑いを簡単に整理すると、こうなる。昭和末期の1980年代に空前の「漫才ブーム」が起きて、タモリ、たけし、さんまの「お笑いビッグ3」が勢いに乗っていた。平成に入り、とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンなど、「お笑い第三世代」が台頭し始めた。

 著者のラリー遠田さんは東大文学部卒のお笑い評論家。平成のお笑いの歴史を14の事件で振り返ったのがミソだ。平成4年、明石家さんまの離婚、平成6年、ビートたけしバイク事故......。そして平成26年にタモリ「笑っていいとも!」が終了する。自由になったタモリはNHKの「ブラタモリ」でさらにブレークする。

 著者は「32年続いた『いいとも』でさえも、タモリという巨人を彩るほんの1ピースに過ぎないのである」と書いている。

 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大によって、お笑い芸人がひな壇に並ぶバラエティ番組はすっかり姿を消した。お笑いはどうなるのだろう? この本を読むと、そんなことを考えてしまう。

 BOOKウォッチでは、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)も紹介している。

  

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?