本を知る。本で知る。

養老孟司先生と一緒に命について考える絵本が誕生! 全世代におすすめの養老学入門

「じぶん」のはなし

   『バカの壁』シリーズや虫博士として知られる解剖学者の養老孟司さん。2022年6月4日のムシの日に、「講談社の動く図鑑MOVEの科学えほんシリーズ」が誕生した。記念すべき第1作目は、養老先生が子どもたちと一緒に虫捕りに出かけながら、命について、自分がどんな存在であるかについて対話をしながら考えていく『「じぶん」のはなし』(講談社)である。

book_20220613172706.jpg
画像は『「じぶん」のはなし』表紙(講談社提供)

「みんなも、たまごだったんだよ。とりや さかなや むしと おなじだね」

   えっ、そうだったの?と思ったあなた、ぜひ、子どもと一緒にこの絵本を開いてみよう。

   養老先生と出かけた子どもたちは。自然と触れ合い、先生とやりとりするなかで、この世界に生きる意味を学び、「じぶん」がどんな存在であるかを知っていく。すべての世代におすすめの養老学入門ともいえる一冊だ。

   一部内容を紹介しよう。

book_20220613172725.jpg

   子どもたちが、養老先生と一緒に、山に虫捕りに出かける。たくさんの生きものに囲まれて、みんなわくわくしている。

book_20220613172743.jpg

book_20220613172801.jpg
画像は『「じぶん」のはなし』より(講談社提供)

   作中にはたくさんの生き物が描かれている。「この ほんに でてくる いきものたち」のページを手掛かりに、いきものたちを親子で探して遊ぶこともできる。実際に虫捕りに行った気分も楽しめそうだ。

   幼いうちから生きる意味について考えることのできる深い絵本だ。親子でじっくり話し合う時間にもぜひ。「MOVEの科学えほんシリーズ」は、著書に図鑑の監修者、執筆者、研究者をむかえ、「おもしろくてためになる」絵本を刊行していくという。今後の展開にも注目したい。


※画像提供:講談社

 
  • 書名 「じぶん」のはなし
  • 監修・編集・著者名ようろう たけし・さく、よこやま かんた・え
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2022年6月 4日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数36ページ
  • ISBN9784065279861

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?