本を知る。本で知る。

羽生結弦の北京五輪。4回転半に挑み続けた4年間の記録を1冊に。

AERA(アエラ)増刊「羽生結弦 進化の原動力」

   2月14日の記者会見で、足首を痛めながらも4回転半ジャンプに挑み、「自分の中でも最高のアクセルができた」と語った羽生結弦選手。平昌五輪以降、前人未到の4回転半に挑み続ける姿を圧倒的な写真と記事でまとめたファン必見の1冊を紹介する。

book_20220215113909.jpg

   2022年2月17日『AERA増刊「羽生結弦 進化の原動力」』(朝日新聞出版)が緊急発売される。

   2月10日に行われた北京五輪フィギュアスケート男子シングルFS。羽生結弦選手はプライドをかけて前人未到の4回転半に挑んだ。回転不足で減点となったものの、国際スケート連盟はこれを認定し、公式記録に初めて「4A」の文字が刻まれる快挙となった。

   アエラは羽生選手の挑戦へのリスペクトを込めて、増刊号を緊急発売。平昌五輪以降の4年間の激闘から北京五輪当日までのドキュメントを、圧倒的な写真とともに綴った、熱意のこもった1冊だ。

   本書のコンテンツは以下の通り。

巻頭グラビア ドキュメント2.08-10 朝日新聞スポーツ部担当記者が見た2日間
羽生結弦の北京五輪 アクシデントに見舞われたSP/「攻め」で挑んだFS
スコアシートに「4A」の文字 「王様のジャンプ」に挑み続けた4年間
2017-2018世界が震えた平昌五輪/2018-2019王者を襲う再びの試練/2019-2020行く手を阻む新型コロナ/2020-2021「あれから10年」を胸に/2021-2022前人未到の4回転半
巻末付録 平昌五輪での一問一答を完全収録
公式戦の記録

   誰もがなしえなかったジャンプに果敢に挑んだ羽生選手。進化の原動力は、どこにあるのか。羽生選手自身が語る、4Aへの思いも見逃せない。


※画像提供:朝日新聞出版


  • 書名 AERA(アエラ)増刊「羽生結弦 進化の原動力」
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年2月17日
  • 定価1200円(税込)
  • 判型・ページ数116ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?