本を知る。本で知る。

三途の川は本当にある? 「死後の世界」見た人たちの証言集

死後の世界 50人の証言

 「『あの世』は明るく光に満ち満ちていた」――。

 本書『死後の世界 50人の証言』(宝島社)は、臨死体験、過去世、体外離脱、前世の記憶など、死後の世界を見た人々の証言を集めた1冊。

 臨死体験で死後の世界を見た人。前世療法で前世の自らの死を追体験した人。ホスピス医が患者から聞いた死後の世界の話。霊能者が見た死後の世界。そもそもあの世はあるのかと思いつつ、気になるテーマだ。

 「あの世は確実に存在する。そして、その世界は光に満ち溢れている。決して怖くない世界だ。本書では、その世界を垣間見た人たちの体験談を掲載する。人生が終わった後の世界を知れば、貴方の人生はもっともっと豊かになる」

book_20220107144910.jpg

 本書は「臨死体験などを通じて、死後の世界を見た人たちの体験談」と「それらの体験を検証した、あるいは考察した論考」の2部構成。

 18人が執筆したりインタビューに答えたりしている。1人で複数名の証言を執筆したケースもあり、タイトルには「50人」とある。

第一部 死後の世界 体験編

■2度の臨死体験、そして9・11同時多発テロ
 八代英輝(国際弁護士)
■疑似的に死を体験する ~前世療法での「死」の体験~
 大門正幸(中部大学教授)
■生まれる前の記憶 あたり一面に白い霧が立ち込めていた
 中ルミ(国際ホリスティック看護協会理事長)
■流産した赤ちゃんからのメッセージ
 池川明(池川クリニック院長) ほか

第二部 死後の世界 考察編

■生と死を統合して 晴れて、虚空へ
 帯津良一(医師・医学博士)
■死と向き合う 「お迎え現象」 そして、父の死
 長堀優(育生会横浜病院院長)
■この世という情報ネットワーク 死後という情報ネットワーク
 竹内薫(サイエンスライター、作家)
■三途の川の不思議を解明しよう
 志賀貢(臨床医) ほか

「いかにもといった感じ」の光景

 まず、ワイドショーでも活躍している弁護士の八代英輝さんから。

 なんと、八代さんは2度の脳死体験があるという。1度目は高校生のときのバイク事故。2度目は弁護士になってからの心臓手術。

 バイク事故では、車と正面衝突し、2台の車の上を飛び越えて電柱に突っ込んだ。「死ぬだろうな」と感じた瞬間、すべてがスローモーションになり、子どもの頃からの光景がフラッシュバック。そして気を失った。

 次に目が覚めたところはお花畑だった。「いかにもといった感じ」で、川が流れていて、川の向こう側で受付しているのが見えた。並んでいる人たちが「帰れ、帰れ」の素振りをしている。川を渡ったら「まずい」と思い、引き返そうとしたところで目が覚めると、病院にいた。

 心臓手術で幽体離脱を体験したときも、お花畑と川を見たという。2度の臨死体験を、八代さんはこう振り返る。

 「見た光景がステレオタイプ過ぎるなというのが正直な気持ちです。(中略)これは、高校生が見るものとしてはあり得ると思ったのですが、弁護士になってからも同じ光景か、と正直なところ思いました」

持久力がある聴覚

 次に、日々多くの人々の死に立ち会っている臨床医の志賀貢さん。

 患者を診る医師の立場であり、世間で言うような「空想めいた話」はない。ただ、患者の話を通して「いまの科学では説明できない現象」を体験しているという。

 人間の脳の中で、もっとも持久力があるのは聴覚。耳から入った刺激は、大脳の下の視床を通って側頭葉へ行く。心臓と呼吸が止まっても、ここは完全に死んでいないことがわかってきたそうだ。

 心臓が止まって医師が「ご臨終です」と言うまで、4分ほど。ところがこの4分の後に、家族の声が患者に聞こえているのではないか、と感じることがしばしばあるそうで......。

 「家族には、意識を失っても、患者さんの手を握って、『お父さん』、『お母さん』、『あなた』などの声を掛けてくださいと話します。たとえ、生き返ることはなくても、声を掛けられたという意識をもって、旅立って行くんです」

 もう1つ、「三途の川」についても興味深い。これは世界共通だが、東洋人と西洋人でディテールが異なるという。お花畑は同じ。日本人は菜の花畑のイメージで、歩いていくと必ず川が現れる。一方、外国ではお花畑の向こうは川ではなく、大きな壁なのだとか。

 いざ、そのときを迎えるまでたしかなことはわからないが、本書には死後の世界のヒントが散りばめられている。「決して怖くない世界」かもしれない、と思えてくるだろう。


※画像提供:宝島社


  • 書名 死後の世界 50人の証言
  • 監修・編集・著者名八代 英輝、帯津 良一、竹内 薫、大門 正幸 ほか 著
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2021年12月22日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・256ページ
  • ISBN9784299024015

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?