本を知る。本で知る。

グルテンフリー、意味あるの? アエラが解く「アレルギーの誤解」。滝沢カレン、杉野遥亮も登場

AERA(アエラ)10月18日号

 「AERA(アエラ)10月18日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集は、「アレルギーの誤解を解く」。現在一般的となっているアレルギー検査には、ある誤解が隠れているという。誰でも当事者になり得るアレルギーだが、あなたは正しい知識を持っているだろうか。卵など子供のアレルギーについてもレポートしている。

book_20211011124155.jpg

 記事にはまず、アレルギー検査をきっかけに食生活を変えた家族が登場する。妻が「遅延型食物アレルギー検査」を受け、小麦などの穀物に含まれるタンパク質「グルテン」に陽性が出たため、それ以来グルテンフリー生活を続けているという。ところが、小児アレルギーを専門とする医師は、「遅延型、という食物アレルギーはありません」と断言するのだ。日本小児アレルギー学会は「遅延型食物アレルギー検査」の診断的有効性を否定しており、日本アレルギー学会も「診断として推奨しない」という見解を示している。

 この「遅延型食物アレルギー」をはじめとする、アレルギーを巡る数々の誤解。私たちの知識は、何が間違っていて何が正しいのか。この特集が解説してくれる。アレルギーは身近かつ、命にかかわることもあるからこそ、正しい情報を知っておきたい。

滝沢カレンの人物像にせまる

 創刊から続く人物ノンフィクション連載「現代の肖像」には、モデルの滝沢カレンさんが登場。独特のワードセンスで人気となり、バラエティー番組で見ない日がない彼女。2016年に始めたインスタグラムをきっかけに、料理の腕前も話題となり、今年9月には著書『カレンの台所』が料理レシピ本大賞を受賞した。記事では、滝沢さん自身へのインタビューに加え、恩師や友人、出演番組の共演者や演出家にも取材。誰に対しても忖度せず彼女自身のセンスで語られる言葉たちや、自分にも他人にも「プロの仕事」を求めるストイックさなどを読み解き、滝沢カレンという人物を描き出す。

 表紙は俳優の杉野遥亮さん。10月6日にスタートしたばかりのドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」で、弱視のヒロインと惹かれ合うピュアな不良少年を演じている。3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、このドラマの役作りの試行錯誤に始まり、コロナ禍の自粛期間中に気づいた自分自身の疲弊、久しぶりの仕事現場で感じた興味の変化など、等身大の杉野さんが語られている。

 その他、今号は以下のような記事を掲載している。

池上彰×山口二郎対談「野党の戦い方」
小選挙区の25年「人」を選べなくなった
岸田新内閣「冴えない支持率」と3Aのパワーバランス
任天堂「マリオでミッキー超え」目指す
恒大集団「経営危機」は習指導部のリスク管理
校則見直しは「生徒×第三者」で進む
きょうこ先生に聞く中学受験「本番」の心構え
非正規公務員「年収200万円未満」の実態
大谷翔平にはMVPがある
初対談 ryuchell(りゅうちぇる)×ひろゆき
東出昌大 最新作で知った「無になる瞬間」
ユニコーンのロックは「偶然とアドリブ」
村上春樹と英訳とノーベル賞

※画像提供:朝日新聞出版


 
   
 
  • 書名 AERA(アエラ)10月18日号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2021年10月11日
  • 定価440円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?