本を知る。本で知る。

「父さんは、ぼけてしまいました」から始まる家族のほのぼのストーリー

ねぼけノート 認知症はじめました

   ある日、父から一本の電話がかかってきた。「父さんは、ぼけてしまいました」と。この日を境に、娘は一人暮らしの東京から、実家のある埼玉まで通う日々が始まった。

   同じことを何度も繰り返してしまったり、手が震えてうまく歩けなかったり、そんな認知症の父と、娘の奮闘記を自身でマンガに記録した『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)が6月7日に発売された。

main.jpg

   「認知症」は現在、高齢者の5人に1人が発症するほど身近な病気だ。介護の負担は大きく、精神的にもつらいイメージがあるが、あさとひわさんの描くイラストはほのぼのとしている。お父さんのゆるいキャラクターがとてもいい味を出していて、「大変そうなのに、癒される」「家族の物語にほっこりします」との共感の声が多数寄せられているという。

sub1.jpg

sub2.jpg

sub3.jpg

「父さんは、バカになっちゃったの。
だから、しょっちゅう面倒みに帰ってきてください(えへ)」

(あ、かわいこぶった)

=====

父「したことと、やったことの区別がつかなくてなあ(たは)」

娘「うん、それ、同じだよね」

   無邪気な父とマイペースな母。2人のやり取りに小さくツッコミを入れる娘。

   実家にいた頃は気が付かなかったが、父の介護に関わるようになって初めて知った父の一面や、両親の微笑ましいやりとり、家族関係を8コマに切り取った。認知症になった父の気持ちを想像し、理解しようとするあさとさんの冷静なツッコミにクスリと笑える。

   あさとさんは、「派手なドラマはあんまりありませんが、暗くもないのでご一読いただけますと幸いです」とコメントを寄せている。

sub4.jpg

   たいへんだけれど、ちょっと笑えて、あたたかい家族の物語。

■あさとひわさんプロフィール

埼玉県出身、東京都在住。大学卒業後、デザイン会社、編集プロダクション勤務などを経て、現在はイラストレーターとして活動している。


※画像提供:朝日新聞出版

  • 書名 ねぼけノート 認知症はじめました
  • 監修・編集・著者名あさとひわ 著
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2021年6月 7日
  • 定価1,210円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・134ページ
  • ISBN9784023319714

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?