本を知る。本で知る。

蛭子能収、「認知症」のその後。仕事は?家族は?

認知症になった蛭子さん

   2020年7月に漫画家・タレントの蛭子能収さんが認知症であることを公表した。驚いた方も多いだろう。そんな蛭子さんが自身の体験をエッセイとして発表した。

20210411_認知症になった蛭子さん1.jpg
画像は、蛭子能収さん(光文社提供)

   2021年4月27日『認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本』(光文社)が発売される。本書は、「いくつになっても働いていたい」という蛭子さんの思いに応えるべく、家族やマネージャーの助けを借りながら完成に至ったユニークな「認知症エッセイ」だ。

20210411_認知症になった蛭子さん2.jpg
画像は、蛭子能収さんと妻の悠加さん(光文社提供)

   作中では、妻・悠加さんが蛭子さんに起きた過酷な現実を近くで見てきた立場から告白する。さらに、認知症介護の先輩たちが、悠加さんの悩みに答える「介護相談」コーナーも収録。きれいごとではない本音での問題解決法が提示される。

   2025年には認知症者数が約700万人になるといわれている。認知症の人と「向き合う」ための方法や介護する家族の心が「楽」になる考え方を知っておくと、今後役に立つだろう。

   本書の構成は以下の通り。

●はじめに:漫画家、タレント、「認知症」――またオレの肩書きが増えました。
●そのとき、「家族」はどうなる?――"蛭子さん妻"悠加さんの告白
●妻・悠加さんのゆるゆる介護相談――"認知症介護の先輩"からのアドバイス
●そのとき、「仕事」はどうなる?――"マネージャー"森永さんの告白
●そのとき、「社会」はどう受け入れる?――"担当記者"山内さんのリポート
●蛭子能収のぼけぼけ人生相談――"認知症になった蛭子さん"のお仕事
●ゆるゆる人生相談セレクション――心が楽になる蛭子さんの考え方
●おわりに:介護してくれている家族へ。「ありのまま」でいさせてくれて、ありがとう。

   本音でゆるく綴られる蛭子さんらしい1冊。認知症への理解も深まるし、今まさに認知症者と向き合っている人は少し楽になりそうだ。


※画像提供:光文社

  • 書名 認知症になった蛭子さん
  • サブタイトル介護する家族の心が「楽」になる本
  • 監修・編集・著者名蛭子 能収 著
  • 出版社名光文社
  • 出版年月日2021年4月26日
  • 定価1,320円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・220ページ
  • ISBN9784334952419

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?