読むべき本、見逃していない?

家飲みでダイエット! 糖質オフの「おかずにもなるおつまみ」

おかずにもなる 糖質オフのやせるおつまみ(別冊エッセ)

   巣ごもり生活が長引き、コロナ太りが加速している。でダイエットを決意するも、お酒やこってりとした料理が好きで、何度も挫折を繰り返している......。

   そんな人にも続けられるレシピ本が発売された。

   2021年2月16日発売の『おかずにもなる 糖質オフのやせるおつまみ』(扶桑社)は、糖質を控えながら、居酒屋のようなメニューが作れるのがポイントだ。

20210217_やせるおつまみ1.jpg
まるで居酒屋のような糖質オフ料理(画像提供:扶桑社。以下同)

   本書では、糖質オフのレシピが90も掲載されている。お酒好きな方にオススメのおつまみのほか、子どもやお酒を飲まない人も大好きなおかずレシピも多数紹介されている。食事制限のイライラから解放されて、家族みんなで同じ料理を楽しむことができそうだ。

   本書の目次は下記の通りだ。

PART1 糖質オフで おうち居酒屋
PART2 家族で食べられる やせつまみおかず
PART3 糖質オフの 野菜の小つまみ
PART4 バランスのいい つまみおかず献立
PART5 つくりおきの つまみおかず

   では、本書のポイントを紹介していこう。

【ポイントその1】居酒屋に行った気分にひたれる、低糖質なレシピが勢ぞろい!

豚とアボカドの串カツ [糖質1人分3.3g]

20210217_やせるおつまみ2.jpg

   アボカドと豚肉をいっしょに揚げることでボリューム満点だ。パン粉の代わりに高野豆腐を使い、鰹節と醤油を加えたソースで糖質をカット。ダイエット中に揚げ物を食べられるなんて、嬉しい。

手羽先のゴマ衣揚げ [糖質1人分0.6g]

20210217_やせるおつまみ3.jpg

   低糖質の手羽先は、から揚げにして衣をひと工夫。ゴマをまぶすことで、カリカリでジューシーになる。お酒に合いそうだ。

おからのポテトサラダ風 [糖質1人分8.0g]

20210217_やせるおつまみ4.jpg

   居酒屋の定番料理、ポテトサラダも、ジャガイモをおからで代用すれば、おなかいっぱい食べられる。ヨーグルトを加えることで、見た目もポテトサラダ風に。

【ポイントその2】ボリューム満点のレシピがいっぱい!

揚げ鶏の香味ソース [糖質1人分1.6g]

20210217_やせるおつまみ5.jpg

   こんがり揚がった鶏肉がおいしそう。メイン料理にもなるボリュームだ。

豚バラモヤシドーム [糖質1人分2.6g]

20210217_やせるおつまみ6.jpg

   豚バラ肉のドームの中に、モヤシ2袋分が山盛りに入っている。ヘルシーでボリュームのある1品。

納豆のネギチーズ焼き [糖質1人分2.3g]

20210217_やせるおつまみ7.jpg

   納豆とチーズの相性は抜群!混ぜて焼くだけの簡単なレシピで、お手軽に1品作れてしまう。小腹がすいた時のおやつにも喜ばれるだろう。

【ポイントその3】「糖質オフの基礎知識」と「糖質量早わかり表」も収録!

   本書には、豊富なレシピのほかに、糖質オフダイエットの基礎知識も掲載されている。

   糖質オフの第一人者、牧田善二さんがスムーズにやせるための秘訣を解説する「糖質オフダイエット6つのルール」には、食べてやせる習慣を身につける方法が記載されている。

20210217_やせるおつまみ8.jpg
画像は、「糖質オフダイエット6つのルール」

   さらに、個々の食材だけでなく、外食メニューや総菜、アルコール類の糖質量の早わかり表も収録。電子版もあるので、外出先でも糖質コントロールができる。毎日の食事に活用すれば、ダイエット効果も上がるだろう。

20210217_やせるおつまみ9.jpg
画像は、「食材・外食&総菜・酒の糖質量早わかり表」

   やせたい!でも満足に食べたい!というわがままな願望を叶えてくれる。ダイエットの息抜きに、糖質オフしながら晩酌を楽しめる。自分へのご褒美を用意すると、モチベーションアップにもつながりそうだ。


※画像提供:扶桑社

 
  • 書名 おかずにもなる 糖質オフのやせるおつまみ(別冊エッセ)
  • 出版社名扶桑社
  • 出版年月日2021年2月16日
  • 定価本体500円+税
  • ISBN9784594616496

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ダイエットの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?