読むべき本、見逃していない?

芥川賞候補作 遠野遥さん「破局」はスーパー大学生が主人公

 7月15日に選考会が行われる芥川賞。候補作を簡単に紹介しよう。初回は7月6日に単行本が出た遠野遥さんの「破局」だ。

hakyoku.jpg
画像は『破局』(河出書房新社)

 遠野さんは1991年神奈川県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。2019年『改良』で第56回文藝賞を受賞。本作は受賞第一作になる。

 主人公の陽介は大学4年生。高校のラグビー部の指導と筋トレをしながら、公務員試験の勉強をしている。一方、政治家をめざす麻衣子という彼女がいたが、灯という新入生と出会う。二人の女性を行き来する陽介。

 肉体的にも知的にも優れ、女性とのセックスの機会にも恵まれた陽介だったが、なんとなく虚無の影が漂う。華麗なキャンパスライフを描写する著者の視線はどこか冷ややかだ。

 非常に読みやすい作品である。著者の母校と思われる大学の雰囲気を味わいながら読むのも、若い読者にとっては悪くないだろう。

  

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

候補作の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?