本を知る。本で知る。

明日20日まで!筑摩書房の80周年記念企画/80冊があれもこれも80%以上オフ!

 筑摩書房が2020年6月18日で創業80周年を迎えたのを記念し、6月20日まで、Kindleストアで「筑摩書房 創業80周年」の催しを開催中だ。

 Amazonでベストセラーとなった『完全教祖マニュアル』は83パーセントオフの154円、『カール・マルクス ──「資本主義」と闘った社会思想家 』も83パーセントオフで165円など、数々の名著が大幅に値下げされている。

画像は、「筑摩書房 創業80周年」の催しの対象作品の一部

 今回の対象作品は多数あるが、その中からAmazonでベストセラーになったものを中心に、作品をいくつかピックアップしてご紹介する。


tada195.jpg

正しく怖がる感染症(ちくまプリマー新書)/岡田晴恵・著

 新型インフルエンザ、ジカ熱、エボラ出血熱、結核、梅毒......。新型コロナウイルス以前に流行した、多種多様な感染症をその経路別に整理した作品。感染症をいたずらに怖がり過ぎず、脅威に備える大切さがわかる。

99%の人が速くなる走り方 (ちくまプリマー新書) /平岩時雄・著

 国際舞台で活躍するアスリートを指導する、プロのトレーニングコーチによる走る技術の教科書。

カール・マルクス──「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書) /佐々木隆治・著

 最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする1冊。

完全教祖マニュアル(ちくま新書)/架神恭介、辰巳一世・著

 キリスト教、イスラム教、仏教などの伝統的な宗教から、現代日本の新興宗教まで、古今東西の宗教を徹底的に分析し、執筆した意欲作。

ファンベース──支持され、愛され、長く売れ続けるために (ちくま新書)/佐藤尚之・著

 新規顧客の獲得がどんどん困難になっている時代に、生活者の消費行動を促すためには「ファンベース」が必要──今こそ読みたい、新しいマーケティングの必読書。

性風俗のいびつな現場 (ちくま新書) /坂爪真吾・著

 性風俗に参入するハードルが下がり、多くの女性が働けるようになった反面、大半の現場では必ずしも高収入は得られない仕事になっている。さまざまな現場での取材・分析を通して、風俗に画期的な意味を見出した1冊。


 このほか多数の作品がラインナップされている。

 新書は知識を広げるのにとても役立つ情報量だ。雨の日が続き、外出もままならないこの時期に、まとめて仕入れてみてはいかがだろうか。

 ※本文中の書籍はすべて、筑摩書房によるKindle版。




   
   

学術書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?