本を知る。本で知る。

わり算したい生キャラメル?! 算数への苦手意識がなくなる「理数系スイーツ」を作ろう

学べるお菓子レシピ 理数系スイーツ

 「たろうくんは、アメを20個持っています。3人で分けると1人何個ずつになりますか? また、余りはいくつでしょう?」

 こんなふうに、小学校の算数ではお菓子がよく問題文に使われる。なぜなら、子どもたちが大好きだから。でも、問題文になっちゃうとピンとこないんだよね~というのが子どもたちの本音かも。

 それなら、子どもたちにお菓子を作らせてみたらいいんじゃない? という発想から生まれたのが本書、『学べるお菓子レシピ 理数系スイーツ』(マイルスタッフ)だ。

book_20220914161606.png

 2020年に発売された『不思議なお菓子レシピ サイエンススイーツ』の姉妹本で、今回は算数をメインに取り入れた内容で、前回好評だった理科の実験要素も盛り込まれている。

book_20220914161622.png

 著者の太田さちかさんは、算数で子どもがつまづきがちな引き算や割り算、分数、図形などの解説に、よく「お菓子」が例として使われることから、それなら実際のお菓子づくりで学べば身につきやすく、がんばったご褒美においしいお菓子ができあがって一石二鳥!と考えた。

book_20220914161636.png

 登場するレシピのタイトルも面白い。例えば、何本あるかなポッキー、ひき算団子、かけ算ちぎりパン、わり算したい生キャラメル、500mlパックのミルクゼリー、三角形のパイ、線対称と点対称のビスケット、全部同じ量でチョコレートカップケーキ、3:1のパンケーキなど、子どもたちの興味をひくこと間違いなしのスイーツが並ぶ。

book_20220914161653.png

book_20220914161705.png

book_20220914161720.png

book_20220914161734.png

book_20220914161747.png

 お菓子作りには算数や理科の知識が欠かせない。学校のテストのためだけでなく、生活に身近なものとして算数に親しむことができれば、勉強も苦ではなくなるかも。おいしく楽しく算数感覚が身につく一冊。

■太田さちかさんプロフィール

3児の母。キッズクリエイティビティを軸にしたこどもとママンのアトリエ「My little days」を主宰。
パリ サンジェルマン・デ・プレで過ごし、慶應義塾大学、エコール・ド・リッツ・エスコフィエ、京都芸術大学大学院など日本とフランスをベースに製菓、芸術を学び、MFA(芸術系修士号)を取得。「少しでも親子が楽しめることを」と、楽しいワークショップを開催している。著書に「不思議なお菓子レシピ サイエンススイーツ」「絵本のお菓子」(マイルスタッフ)など多数。


※画像提供:マイルスタッフ


  • 書名 学べるお菓子レシピ 理数系スイーツ
  • 監修・編集・著者名太田さちか 著
  • 出版社名マイルスタッフ
  • 出版年月日2022年9月 5日
  • 定価1,650円(税込)
  • ISBN9784295407423

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?