本を知る。本で知る。

キツネ潰し、猫焼き、人間釣り...実在した倫理観ゼロの残酷スポーツ

キツネ潰し

 「残酷」で「危険」で「ばかばかしい」......。昔のスポーツはヤバかった!

 2022年8月8日、日経ナショナル ジオグラフィックより『キツネ潰し  誰も覚えていない、奇妙で残酷で間抜けなスポーツ』(エドワード・ブルック=ヒッチング 著、片山美佳子 訳)が発売される。

book_20220804120112.jpg

 本書は、世界累計46万部を発行する大人気ベストセラーシリーズ『世界をまどわせた地図』『世界をおどらせた地図』『宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人』『愛書狂の本棚』の著者による、過去のありえないスポーツ・遊び・競技を取り上げたノンフィクション。

 今回登場するのは、かつて多くの人々が熱狂した、今ではありえない娯楽の数々。「リス落とし」「クマいじめ」「猫焼き」「人間釣り」などの動物虐待もの、「金魚飲み」「炎の凧」「ナイアガラの滝下り」などの生命に危機が迫るもの、「電話ボックス詰め込み競争」「スキーバレエ」「竹馬と人間と馬の対決」などの文字面だけで呆れてしまうばかばかしいもの......。

book_20220804121634.jpg
「ウナギ引き」の様子

 現代では信じがたいほど倫理観に欠けていたり、危険過ぎたりするスポーツや遊びの数々。大量の古書や古美術を参照し、野蛮で愚かな時代に人気を博したこれらの奇妙な娯楽(ヨーロッパを中心に98種以上)を、ユーモアを交えて紹介している。

著者プロフィール
エドワード・ブルック=ヒッチング
 英国王立地理学協会フェローにして、不治の域に達した地図偏愛家。BBCの人気クイズ番組「QI」にも携わる。古書店の息子として生まれ、現在もロンドンでほこりまみれのアンティーク地図と古本の山に囲まれて暮らしている。著者に『世界をまどわせた地図』『世界をおどらせた地図』『宇宙を回す天使、月を飛び回る怪人 世界があこがれた空の地図』『愛書狂の本棚 異能と夢想が生んだ奇書・偽書・稀覯書』(以上、日経ナショナル ジオグラフィック)がある。

※画像提供:日経ナショナル ジオグラフィック


  • 書名 キツネ潰し
  • サブタイトル誰も覚えていない、奇妙で残酷で間抜けなスポーツ
  • 監修・編集・著者名エドワード・ブルック=ヒッチング 著、片山 美佳子 訳
  • 出版社名日経ナショナル ジオグラフィック
  • 出版年月日2022年8月 8日
  • 定価2,200 円 (税込)
  • 判型・ページ数四六判 ・320ページ
  • ISBN9784863135512

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?