本を知る。本で知る。

四国巡礼の旅、鉄道やバスで気ままに観光まで楽しむ「通い遍路」で!

気軽に行きたい四国遍路旅 鉄道で!バスで!観光も楽しむ「通い遍路」のススメ

   待ち焦がれた夏休みがもうすぐやってくる。今年は密を避けて、鉄道やバスで自由気ままに四国に足を運ぶのもいいかな、と思えるガイドブックを紹介したい。

   7月20日に発売された『気軽に行きたい四国遍路旅 鉄道で!バスで 観光も楽しむ「通い遍路」のススメ』(天夢人)では、全長1400㎞ということもあり敷居が高く思える「四国遍路」を自分のペースで巡礼できる旅を提案してくれる。

book_20220721142528.jpg
『気軽に行きたい四国遍路旅 鉄道で!バスで 観光も楽しむ「通い遍路」のススメ』(天夢人)

   四国外から訪問する人にとっては、札所を一度にまわるのはとても難しい。 そこで、本書では公共交通機関を利用し複数回に分けて、道中も楽しみながらの遍路旅をガイドしてくれる。

book_20220721142552.jpg
生誕1250年を迎える、お大師さまの足跡をたどる旅

book_20220721142614.jpg
お遍路の準備や参拝の作法も事前にチェック

   「四国遍路」は、1200年以上続く日本を代表する回遊型の巡礼路だ。興味はあるけど簡単には回れないと思っていた人も、本書が提案する鉄道でも、バスでも、行きたいと思った時に始められる「通い遍路」なら、最初の一歩にぴったり。本書では、各札所の歴史・施設等にプラスして、公共交通機関を利用して複数回に分けて通いやすいお得なきっぷ、周辺の観光情報も掲載しているので、早速「通い遍路」の第1回目にチャレンジしてみては?

book_20220721142636.jpg
八十八ヵ所札所の概要とアクセスなどのデータを掲載

book_20220721142655.jpg
札所数ヵ所と観光・グルメを楽しむ日帰りモデルコース

   四季折々の美しさがある「四国遍路旅」。風景や人との出会いに感謝しながら、お大師さまの足跡を巡ろう。

book_20220721142717.jpg
コラムでは、各地に伝わる遍路にまつわるエピソードを紹介

book_20220721142738.jpg
四国4県の定番観光地「寄り道ガイド」

 目次は、次のとおり。

お大師さまを知ろう/お遍路の準備&知識/服装と持ち物/参拝の作法/お遍路キーワード/自分に合ったスタイルで巡拝しよう/四国内への主なアクセス/おトクなきっぷ

徳島札所
(第1番 霊山寺・第2番 極楽寺・第3番 金泉寺・第4番 大日寺・第5番 地蔵寺・第6番 安楽寺・第7番 十楽寺・第8番 熊谷寺・第9番 法輪寺・第10番 切幡寺・第11番 藤井寺・第12番 焼山寺・第13番 大日寺・第14番 常楽寺・第15番 國分寺・第16番 観音寺・第17番 井戸寺・第18番 恩山寺・第19番 立江寺・第20番 鶴林寺・第21番 太龍寺・第22番 平等寺・第23番 薬王寺)

高知札所
(第24番 最御崎寺・第25番 津照寺・第26番 金剛頂寺・第27番 神峯寺・第28番 大日寺・第29番 国分寺・第30番 善楽寺・第31番 竹林寺・第32番 禅師峰寺・第33番 雪蹊寺・第34番 種間寺・第35番 清瀧寺・第36番 青龍寺・第37番 岩本寺・第38番 金剛福寺・第39番 延光寺)

愛媛札所
(第40番 観自在寺・第41番 龍光寺・第42番 佛木寺・第43番 明石寺・第44番 大寶寺・第45番 岩屋寺・第46番 浄瑠璃寺・第47番 八坂寺・第48番 西林寺・第49番 浄土寺・第50番 繁多寺・第51番 石手寺・第52番 太山寺・第53番 圓明寺・第54番 延命寺・第55番 南光坊・第56番 泰山寺・第57番 栄福寺・第58番 仙遊寺・第59番 国分寺・第60番 横峰寺・第61番 香園寺・第62番 宝寿寺・第63番 吉祥寺・第64番 前神寺・第65番 三角寺)

香川札所
(第66番 雲辺寺・第67番 大興寺・第68番 神恵院・第69番 観音寺・第70番 本山寺・第71番 弥谷寺・第72番 曼荼羅寺・第73番 出釋迦寺・第74番 甲山寺・第75番 善通寺・第76番 金倉寺・第77番 道隆寺・第78番 郷照寺・第79番 天皇寺・第80番 國分寺・第81番 白峯寺・第82番 根香寺・第83番 一宮寺・第84番 屋島寺・第85番 八栗寺・第86番 志度寺・第87番 長尾寺・第88番 大窪寺)

四国別格二十霊場/高野山へ/寄り道ガイド(徳島県・高知県・愛媛県・香川県)/
問合せ先・お役立ちホームページ

コラム
・ヘンロ小屋プロジェクト
・遍路にまつわるお話

■後藤さおりさんプロフィール
トラベルライター。栃木県出身、現在は兵庫県神戸市在住。大学で歴史を学んだのち出版社に勤務。その後、各地への転居に伴い、高松在住をきっかけに霊場めぐりを始める。旅行雑誌やタウン誌のライター・編集などを経て、主に国内の旅行記事を執筆。得意なジャンルは鉄道・グルメ・祭・歴史。


※画像提供:天夢人

 
  • 書名 気軽に行きたい四国遍路旅 鉄道で!バスで!観光も楽しむ「通い遍路」のススメ
  • 監修・編集・著者名後藤さおり 著
  • 出版社名天夢人
  • 出版年月日2022年7月20日
  • 定価1,760円(税込)
  • ISBN9784635823913

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?