本を知る。本で知る。

胸を打つ感動作。吃音に苦しむ息子に父がかけた言葉とは

ぼくは川のように話す

 幼少期には20人に1人、大人になっても100人に1人が症状をもっているといわれる吃音。うまく話せないことでからかわれたり、コミュニケーションに不安を感じたりと、悩んでいる人は多い。

 2021年7月に発売された『ぼくは川のように話す』(偕成社)は、吃音をもつカナダの詩人、ジョーダン・スコットさんの体験から生まれた絵本だ。邦訳版がこのたび、第69回産経児童出版文化賞の翻訳作品賞を受賞した。

book_20220513114640.jpg

 主人公は、吃音に悩む男の子。症状のひどいある日、憂うつな気持ちのまま学校へ行った。放課後になり、迎えに来た父親は、「うまくしゃべれない日もあるさ。どこかしずかなところへいこう」と少年を川へ誘い出す。そして、川を眺めながら、息子にこう声をかけた。

「ほら、川の水を見てみろ。あれが、おまえの話し方だ」
見ると、川は......あわだって、なみをうち、うずをまいて、くだけていた。
「おまえは、川のように話してるんだ」

 絵は、いま世界で最も注目されている絵本作家の1人、シドニー・スミスさんが担当。吃音のみならず、人と同じようにものごとが「なめらかに」できないことに悩む子どもたちを、「言葉と絵のイメージ」で救う。

book_20220513114658.jpg

 作者は「あとがき」で次のようにメッセージを寄せている。

「川には河口があり、合流点があり、流れがあります。川というのは、永遠に、自分より大きなもの、広い場所をめざして、気負わず、たゆまず流れていきます。ところが、川は流れていく途中でどもることがあり、それはぼくも同じなのです。(中略)
 父が川を指さしたとき、ぼくはそこに、自分にしかわからない恐ろしいものを、言葉にするためのイメージや表現があることを知りました。こうして、父が吃音を自然の中の動きにたとえてくれたおかげで、ぼくは自分の口が勝手に動くのを感じるのが楽しくなりました。(中略)
 ぼくはときおり、なんの心配もなくしゃべりたい、「上品な」、「流暢な」と言えるような、なめらかな話し方であればいいのに、と思います。でも、そうなったら、それはぼくではありません。  ぼくは、川のように話すのです。

 世界中で多くの人が悩みを持つ吃音をテーマにした作品。繊細かつダイナミックな表現が、多くの人の心に響く。ぜひ、親子で読んでほしい。


※画像提供:偕成社


  • 書名 ぼくは川のように話す
  • 監修・編集・著者名ジョーダン・スコット 文、シドニー・スミス 絵、原田 勝 訳
  • 出版社名偕成社
  • 出版年月日2021年7月14日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数42ぺージ
  • ISBN9784034253700

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?