本を知る。本で知る。

読んでから観る? 観てから読む? 映画『流浪の月』。原作の感動を、ぜひ。

流浪の月

 2020年本屋大賞を受賞した、凪良ゆうさんの『流浪の月』(東京創元社)。2022年5月13日に映画が公開されるのに合わせて、主要キャストのスチール写真を使った全面帯がついた文庫が店頭に並ぶ。

映画スチールの全面帯。オンラインでの注文では帯がつかない場合があるので、店頭で購入するのが確実だ
映画スチールの全面帯。オンラインでの注文では帯がつかない場合があるので、店頭で購入するのが確実だ

 映画『流浪の月』主演は、広瀬すずさんと松坂桃李さん。他にも横浜流星さんや多部未華子さんら、豪華俳優陣が出演する。メガホンを握ったのは、『悪人』『怒り』などの李相日監督。その他製作陣には、撮影監督として『パラサイト 半地下の家族』のホン・ギョンピョさん、美術に『キル・ビル Vol.1』『悪人』の種田陽平さんなど、国境を越えて才能が集まった。

映画『流浪の月』ポスター
映画『流浪の月』ポスター

 広瀬すずさん演じる家内更紗は、子どもの頃両親と離別し、叔母の家に引き取られた。家に居場所のない更紗は、ある日、公園で松坂桃李さん演じる青年・佐伯文に声をかけられる。更紗は文についていき、文のマンションでしばらく一緒に暮らした。しかし2カ月後、文は誘拐犯として逮捕される。更紗が警察官に抱えられ泣き叫ぶ様子は、居合わせた人たちに撮影され、拡散された。

 事件から15年、24歳になった更紗は偶然文と再会する。第三者から見れば、「ロリコンの誘拐犯」と「被害者のかわいそうな女の子」の2人。でも、本当にそれが全てだろうか。言葉で言い表しがたい2人の関係を見事に描き、私たちの価値観を揺さぶる傑作だ。

 BOOKウォッチでは、本作の書評を掲載している。原作と映画、両方で作品の世界を味わいたい。
 書評はこちら→孤独な二つの魂が出会う物語


※画像提供:東京創元社


   
  • 書名 流浪の月
  • 監修・編集・著者名凪良ゆう 著
  • 出版社名東京創元社
  • 出版年月日2022年2月25日
  • 定価814円(税込)
  • 判型・ページ数文庫判・356ページ
  • ISBN9784488803018

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?