本を知る。本で知る。

独創的。ロシアのチョコレートの包み紙約300点を一挙公開!

ロシアのチョコレート包み紙

 チョコレートと言えば、ベルギーやスイス、フランスなどヨーロッパのイメージだが、パッケージデザインで見ると、独創的なのはロシアだ。

 ソ連時代のロシアでは、「朝のニュースは新聞で。夕方のニュースはチョコレートで。」と言われるほど、チョコレートが身近な存在だったという。パッケージデザインには、歴史やアルファベットから動物学、民話やアニメのシーン、著名な画家の絵画、記念日、社会情勢までが描かれている。

book_20220125112959.jpg

 1月19日に発売された『ロシアのチョコレート包み紙─ソ連時代のかわいいデザイン─』(青幻舎)では、1950~80年代を中心としたソ連時代のロシアのチョコレートのパッケージデザインを約300点も収録している。

book_20220125113015.jpg

 著者は、奈良のちいさなロシア雑貨店「マールイ・ミール」を営む小我野明子さんだ。現地で出会った、ソ連時代のチョコレートの包み紙を保管している博物館が閉鎖していることを知り、調査を開始。当時のコレクションをロシアのある雑誌社が保管していることを突き止め、編集長イーゴリ・スミレンヌィさんとコンタクトを取った。本書は、そんな情熱にあふれた1冊である。

book_20220125113034.jpg
アリョンカチョコバークレームブリュレ

book_20220125113053.jpg
アリョンカヘーゼルナッツチョコレート

 ロシアでは、19世紀末から20世紀初めにかけて、独創性のあるパッケージデザインが繰り広げられてきたという。そのこだわりはソ連時代にも受け継がれ、企業が国有となった社会の中でも、様々なクリエイターたちが洗練した包み紙を生み出し続けてきた。

book_20220125121441.jpg

book_20220125121432.jpg

 掲載されているおよそ300点の包み紙は、まるで小さな芸術作品。表紙も可愛いので、アート好き、チョコ好きな人へのちょっとした贈り物にも喜ばれそう。


※画像提供:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、青幻舎

  • 書名 ロシアのチョコレート包み紙
  • サブタイトルソ連時代のかわいいデザイン
  • 監修・編集・著者名小我野 明子 著、イーゴリ スミレンヌィ 著、有信 優子 訳
  • 出版社名青幻舎
  • 出版年月日2022年1月19日
  • 定価2420円(税込)
  • 判型・ページ数A5判
  • ISBN9784861528781

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?