本を知る。本で知る。

エンゲル係数減! りなてぃの1週間3500円献立本、第2弾

りなてぃの一週間3500円献立2

 あなたは1週間の献立でいくらの食費を使っているだろうか。

 料理インスタグラマーのRINATY(りなてぃ)さんが、1週間にかける費用はたった3500円。1か月に換算すると約1万4000円。3500円で何ができるのか?そんな疑問を持ったあなたにこそぜひ手に取って欲しい『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社)が本日発売された。

book_20210712144622.jpg
画像は、『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社)

 本シリーズは、「1週間たった3,500円」だけで2人分の一汁三菜の食事を作ることができる豪華な献立を、なんと5週間分、レシピ220品も紹介している。加えて、食材の買い出しも週1回でOKなので、忙しい毎日を過ごすあなたにぴったりの1冊だ。

book_20210712144708.jpg
なすのプチはさみ焼き

book_20210712173231.jpg

 1回毎に必要な食材リストや、冷凍保存テクニックまで収録しているので、献立や買い物に悩むことなく美味しく豪華な食事を作ることができるのも嬉しい。また、節約料理とは思えないほどのクオリティの高さとボリュームで、食べ盛りの子どもや男性も大満足の献立となっている。

book_20210712144815.jpg
鶏むね肉とブロッコリーのハニーマスタード炒め

book_20210712144832.jpg
チーズインハンバーグ

 なんとこれらのメニューが、1食約250円で味わえるのだ。もちろん、地域による価格や物価による変動はあるが、取り入れたらエンゲル係数が減少するのは間違いない。

 この1冊があれば、献立を考える手間も、節約料理の満足度の低さも、まとめ買いのフードロスも全部解決できちゃう。主婦のお悩みを解決してくれる本書は、食費を減らしたい、献立に悩みたくない、買い物の回数を減らしたいあなたの強い味方になってくれる。

book_20210712144923.jpg
ぶりの煮つけ

 著者であるりなてぃさんは、料理家兼、料理インスタグラマー。1995年生まれで、現在は北九州市に在住している。一緒に暮らす彼との「一週間3500円節約献立」や「男子が喜ぶがっつり愛されごはん」など、実用的でありながら、見た目にも美味しいレシピが20ー30代の女性を中心に大好評。現在は、WEBやテレビでの活動、食品メーカーなどでのレシピ開発、コンサルティング業務を行なっている。

 7月1日時点でのInstagramのフォロワーは29万人を超えている。併せてSNSもチェックしてみよう。

book_20210712145009.jpg
著者のりなてぃさん

 また今回の発売にあたり、りなてぃさんは下記のようにコメントをしている。

「たくさんの人が毎日の夜ごはんに悩んでる」この悩みをお金をかけずに解決しようと思い、始めた一週間献立。初めて企画をインスタに投稿したとき、数日でフォロワーが1万人ほど増え、確かな手応えを感じました。この本を丸ごとマネするだけで、いつも負担になる「メニューの考案、お買い物、調理、食費の節約」が何も悩まずに済みます。多くの人が抱えている様々な料理の悩みを解決しつつ、なおかつ美味しい!をお届けしたいという気持ちでこの本を作りました。
book_20210712145050.jpg
チキントマトカレー


※画像提供:宝島社

  • 書名 りなてぃの一週間3500円献立2
  • 監修・編集・著者名RINATY
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2021年7月14日
  • 定価858円(税込)
  • ISBN9784299019356

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?