本を知る。本で知る。

パリのカフェごはんが、おうちで作れる!シンプルなのにおしゃれなレシピ集

パリのひと皿ごはん

   おうち時間の増加に伴い、自宅での自炊の機会が増えた人も多いはず。憂鬱な気分を吹き飛ばすために、たまにはオシャレなカフェ風ごはんを自宅で楽しんでみてはどうだろうか。シンプルで誰にでも作れるレシピ本を紹介する。

   2021年6月18日、『パリのひと皿ごはん』(扶桑社)が発売された。本書にはパリで行列ができる人気のサロン・ド・テ「マミ・ガトー」を営むマリコ・デュプレシさんのメニューが紹介されている。

book_20210622111628.jpg
著者のマリコ・デュプレシさん(画像/扶桑社提供)

   朝食からティータイム・ワインに合うディナーまで、シンプルに作れる25皿が掲載されている本書より、一部を紹介していく。

■朝食&ランチ

book_20210622111654.jpg
『パリのひと皿ごはん』より(画像/扶桑社提供)

・たっぷり野菜のスープでひと皿
・パンペルデュ・シュクレでひと皿
・具だくさんの塩味マフィンでひと皿
・そば粉のガレットでひと皿
・豆乳のキッシュでひと皿
・エビとアボカドのフランでひと皿
・ごちそうサラダでひと皿
・サラダ2種でひと皿

■ティータイム

book_20210622111714.jpg
『パリのひと皿ごはん』より(画像/扶桑社提供)

・フルーツサンドでひと皿
・キャロットケーキでひと皿
・チーズケーキでひと皿
・いちごのフランでひと皿

■ディナー

book_20210622111733.jpg
『パリのひと皿ごはん』より(画像/扶桑社提供)

・ポトフでひと皿
・チキン・コルドンブルーでひと皿
・ローストビーフでひと皿
・アシ・パルマンティエでひと皿
・ベトナム風フォーでひと皿

■白ワインに合うひと皿

book_20210622111753.jpg
『パリのひと皿ごはん』より(画像/扶桑社提供)

・ホタテのグラタンでひと皿
・オープンサンドイッチでひと皿
・イワシのガーリック香草焼きひと皿
・なすのロール焼きでひと皿

■赤ワインに合うひと皿

book_20210622111812.jpg
『パリのひと皿ごはん』より(画像/扶桑社提供)

・パテ・ド・カンパーニュでひと皿
・パンペルデュ・サレでひと皿
・レンズ豆とソーセージの煮込みでひと皿
・鶏肉と栗の煮込みスープでひと皿

■コラム

・フランスのパン事情あれこれ
・パリの私のお店「マミ・ガトー」
・私がワクワクするもの、ブロカント
・愛すべき古い食器たち
・キッチンクロスとテーブルナプキン

   色鮮やかで食卓が豪華になりそうなレシピばかり。本格的なフランスのカフェごはんが、家で作れるなんて信じられない。上手にできたら他の人にも食べてもらいたくなりそうだ。


※画像提供:扶桑社

 
  • 書名 パリのひと皿ごはん
  • 監修・編集・著者名マリコ・デュプレシ 著
  • 出版社名扶桑社
  • 出版年月日2021年6月18日
  • 定価1,760円(税込)
  • 判型・ページ数B5変・112ページ
  • ISBN9784594088132

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?