読むべき本、見逃していない?

「毒親」から日本史をたどる新書。小林一茶も被害者だった!

毒親の日本史

 いつの世にも「毒親」はいたらしい。

 新書『毒親の日本史』(新潮社)が3月17日、発売された。

 同書は、歴史上に登場する愛憎入り混じった関係の親子を取り上げ、その確執が日本史に与えた影響を解説する書籍。著者は『本当はエロかった昔の日本』(新潮社)『古事記 いのちと勇気の湧く神話』(中央公論新社)などの著作で知られる大塚ひかりさん。

 同書によると、親子関係にまつわる問題ははるか昔より存在していたという。古代天皇に平安貴族、戦国武将から僧侶まで、身分の貴賤なく「毒親」「毒子」がいたそうだ。江戸時代の有名な俳人である小林一茶も、華々しい活躍の裏で実家にいびられ続けていたという。同書では、このようなエピソードを全21章にわたって紹介している。

 親子関係が一筋縄ではいかないのは、今も昔も変わらないようだ。


 
  • 書名 毒親の日本史
  • 監修・編集・著者名大塚ひかり 著
  • 出版社名新潮社
  • 出版年月日2021年3月17日
  • 定価840円+税
  • 判型・ページ数新書判・288ページ
  • ISBN9784106109003

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?