読むべき本、見逃していない?

ブレイディみかこも絶賛! 川村元気が翻訳した世界的ベストセラー発売

ぼく モグラ キツネ 馬

 コロナ禍は言葉や芸術の力をこれまで以上に感じる機会になった、という人も多いのではないだろうか。

 イギリス、アメリカで社会現象となった異例の大ベストセラーが、ついに日本上陸。

 チャーリー・マッケジー氏のアート絵本『ぼく モグラ キツネ 馬』(飛鳥新社)が、3月18日に発売される。

圧巻のイラストと珠玉の言葉

 本書は、少年とモグラ、キツネ、馬の冒険と心の交流を、美しいイラストとともに描いた『THE BOY, THE MOLE, THE FOX AND THE HORSE』の日本語版。

 圧巻のイラストと珠玉の言葉で届ける、8歳から80歳まで読める人生寓話である。

 原書は、イギリスで2019年秋に発売されるや否や爆発的な人気を博し、130万部を突破。アメリカでは120万部を突破。2020年イギリスで最も売れた本、英サンデータイムズベストセラー1位、英アマゾン総合1位、米ニューヨークタイムズベストセラー1位、米大手書店バーンズアンドノーブルとウォーターストーンズの「2020年のベストブック」となった。

 本書のイラストや名言はSNSで無数にシェアされ続け、コロナ禍のイギリス、アメリカで人々の希望をつなぐ社会現象となっているという。

英米を席巻した圧倒的なデビュー作

 日本語版の訳者は、小説、映画、音楽など多方面で活躍する川村元気さん。本書が初の翻訳作品となる。

■川村元気さんコメント

 「イギリス人のイラストレーターが初めて描いた本が、ニューヨークタイムズベストセラーで1位になったと聞いた。いったい、どんな本なのだろうか? と思い手に取ると、ひと目で魅了された。ペン1本で描かれた圧巻のイラストと、すべての人生に寄り添う言葉。英米を席巻したこの圧倒的なデビュー作が、日本でも多くの人に読まれますように」

 また、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の著者でイギリス在住のブレイディみかこさんも絶賛。

■ブレイディみかこさん推薦コメント

 「うっかり読み聞かせすると、途中から出てくるのは言葉ではなく涙です」

 先行公開されている日本版のカットはこちら。

見本1.jpg
画像は、「"とてもきれいなものを、みのがすな"」のページ。(提供:飛鳥新社)

見本2.jpg
画像は、「"みな、なにかをこわがっている"馬がいった。"でもいっしょなら、こわくなくなる"」のページ。(提供:飛鳥新社)

 コロナ禍以前に制作されたはずが、いまを生きる私たちにピタリとあてはまる言葉がならぶ。シンプルに、やさしく、それでいて、まっすぐ心に刺さる。「世界中で人々の心をつかんだ本」の力にふれてみてはいかがだろうか。


■チャーリー・マッケジー氏プロフィール

 イギリス生まれ。スペクテイター誌のカートゥーニスト、オックスフォード大学出版のイラストレーターとして活動。脚本家・映画監督のリチャード・カーティス、ネルソン・マンデラとコラボレーションした経験をもつ。南アフリカ、ニューオーリンズで暮らしながら絵を描き、ザンビアでは低収入の家族を養蜂家にする福祉事業を共同経営。現在はロンドン在住。

著者.jpg
写真は、著者のチャーリー・マッケジー氏。(提供:飛鳥新社)

■川村元気さんプロフィール

 『君の名は。』『おおかみこどもの雨と雪』などの映画を製作。2012年に発表した初小説『世界から猫が消えたなら』は、ミリオンセラーとなる。他の著作に小説『億男』『四月になれば彼女は』『百花』、絵本『ふうせんいぬティニー』『ムーム』など。

訳者.jpg
写真は、訳者の川村元気さん。(提供:飛鳥新社)

※画像提供:飛鳥新社

  • 書名 ぼく モグラ キツネ 馬
  • 監修・編集・著者名チャーリー・マッケジー 著、川村 元気 訳
  • 出版社名飛鳥新社
  • 出版年月日2021年3月18日
  • 定価本体2000円+税
  • 判型・ページ数B5変型判・128ページ
  • ISBN9784864107587

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?