本を知る。本で知る。

「どうして新型コロナになるの?」子どもが自分の身を守るための絵本

 いっこうに終息する気配のない、新型コロナウイルス。日々、不安な気もちでいっぱいなのは大人だけではない。

画像は、『どうしてしんがたコロナになるの?』(金の星社)
画像は、『どうしてしんがたコロナになるの?』(金の星社)

 2020年8月14日発売の「やさしくわかる びょうきのえほん」シリーズ『どうしてしんがたコロナになるの?』(金の星社)は、子どもたちが新型コロナウイルスに関する正しい知識を身につけて、自分の身を守る習慣づけができることを目指して緊急出版された。


やさしいイラストと言葉で、幼児にも理解しやすい。巻末のコラム「おうちの方へ」も収録されており、親子でいっしょに学べる内容だ。
やさしいイラストと言葉で、幼児にも理解しやすい。巻末のコラム「おうちの方へ」も収録されており、親子でいっしょに学べる内容だ。

 

画像は、『どうしてしんがたコロナになるの?』(金の星社)より。大人も新型コロナウイルスについて改めて学べる
画像は、『どうしてしんがたコロナになるの?』(金の星社)より。大人も新型コロナウイルスについて改めて学べる

 監修は、国立国際医療研究センターの臨床疫学室長を務める、松永展明(まつなが・のぶあき)先生。Eテレの番組「すくすく子育て」(NHK)にも出演している。

 家庭や幼稚園、保育園、学校などに置いて、ぜひ子どもたちに読んでもらいたい。


 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?