本を知る。本で知る。

なんだって聴いてくれる大人の「保健室」が、歌舞伎町にあった!

深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます

 新宿・歌舞伎町にある「ニュクス薬局」は、一人の薬剤師が切り盛りする「深夜薬局」。「ニュクス」とは、ギリシア神話に登場する「夜の女神」のこと。

 親からの虐待を告白する多重人格の女性、コロナ禍で生活苦を訴える風俗嬢、「眠れない」とあせる入試前夜の高校生......。ここを訪れる客は、さまざまな事情を抱えている。

 本書『深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます』(小学館集英社プロダクション)は、「ニュクス薬局」で繰り広げられる人間ドキュメント。

 「ここは、大人の『保健室』。心のクスリ、処方します」

不夜城に実在する「深夜薬局」

 「ニュクス薬局」は、ネオン街の一角、ホストクラブがひしめくビルの1階にある。営業時間は20時から翌朝9時。世間とほぼ正反対の時間帯に営業し、混み始めるのは26時頃から。

 滋養強壮剤のボトルキープ、コンドームのバラ売り、処方薬の配達など、独自のサービスが好評という。この辺りで働く人たちからは「歌舞伎町の保健室」とも呼ばれ、親しまれている。

 「ニュクス薬局」を徹底取材して見えてきたのは、ふれあいの人間ドキュメントだった。

 2014年の開業以来、朝日新聞、「ドキュメント72時間」(NHK)ほか、数々のメディアから注目されている。本書は、これまでのエピソード、薬剤師という職業に対する考え、コロナ禍の歌舞伎町の実態など、「ニュクス薬局」の知られざる姿に迫る。

「なんだって聴く」薬剤師とお客さんの物語

 ここを訪れるのは、体調を崩した人だけではない。処方箋も持たずに駆け込んでくる人、薬もドリンクも買わずに雑談をして帰っていく人もいるという。

 「彼氏に捨てられた」「親とうまくいっていない」「借金つくっちゃった」「お客さんの子どもを妊娠しちゃった」......。恋人や家族にも言えないような話を、そっと漏らしていくことも。薬剤師はどんなときも、それをひたすら「聴く」。

 「誰かに聴いてほしい。 でも、誰にも言えない。『何か』を抱えたお客さんとたった一人の薬剤師との物語」

 不夜城・歌舞伎町には、人の温もりを感じられる「大人の保健室」があった。一人の薬剤師を頼りに、深夜にそこを訪れる人たちがいた。意外な感じもするが、誰かに話を聴いてもらうことが何よりのクスリ、ということのようだ。

■「深夜薬局」をめぐる10の物語
 ・妻子あるお客さんの子を妊娠したキャバ嬢
 ・ホストとバーテンダー、気の合うふたり
 ・「別荘」でのクチコミでやって来た男性
 ・多重人格を告白するガールズバー店員
 ・嵐の夜に駆け込んできた女性の傷
 ・「ミスが多い」と悩む事務員の決断
 ・AV出演を相談する性風俗店の女性
 ・彼氏の学費を工面したいと悩む女性
 ・コロナ禍で落とした命
 ・獄中からの手紙
■目次
 序章
 第1章 不夜城に実在する「深夜薬局」
 第2章 深夜薬局をめぐる10の物語
 第3章 「夜の女神」が歌舞伎町になじむまで
 第4章 深夜薬局を語るためのキーワード
 終章 ここは、みんなの「止まり木」

■福田智弘さんプロフィール
 1965年埼玉県生まれ。東京都立大学卒。歴史、文学関連を中心に執筆活動を行っている。

 
  • 書名 深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます
  • 監修・編集・著者名福田 智弘 著
  • 出版社名小学館集英社プロダクション
  • 出版年月日2021年2月18日
  • 定価本体1400円+税
  • 判型・ページ数四六判・176ページ
  • ISBN9784796878173

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?