本を知る。本で知る。

新宿区は100人に1人に迫る・・・新型コロナ累計感染数

 東京都は2020年11月28日から酒類を提供する飲食店とカラオケ店に営業時間の短縮を要請することを明らかにした。都内の感染者数が高止まりしていることによるものだ。

画像は、東京都の陽性者数の推移。 出典:東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト  
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ 
画像は、東京都の陽性者数の推移。 出典:東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ 

港区、渋谷区が続く

 23区内の累計感染者数と人口比率では、相変わらず新宿区が突出、まもなく100人に1人になる模様だ。この数字は、東京新聞がサイトで日々更新しており、11月26日朝現在では、新宿区の住民人口34万8452人に対し、累計感染者数は3378人。人口10万人当たりの感染者数は969.43人になっており、近日中に1000人になる見込み。(累計感染者数は東京都福祉保健局調べで11月24日時点。人口は2020年1月1日時点の住民基本台帳記載の数)。

 人口10万人当たりの累計感染者数は、新宿区に続いて港区が662.5人、渋谷区が580.83人、中央区が467.45人。歓楽街を抱える区が目立っている。

都内は20代が1万人突破

 都内の感染率に大きな地域差があることや、情報公開のばらつきについては、BOOKウォッチでは4月29日、『わかる公衆衛生学・たのしい公衆衛生学』(弘文堂)を紹介する中で指摘済みだ。この段階では港区の感染率がトップだったが、その後、ほどなく新宿区が追い越している。その実態については、「新宿『夜の街』でコロナ感染が止まらない訳」という見出しで、『新型コロナと貧困女子』(宝島社新書)を紹介済みだ。

 ちなみに都内の感染者数の累計は、4万人に迫っているが、東京新聞によると、年代別では20代が1万人を超えて最大となっている。


※画像:東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト


   

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?