読むべき本、見逃していない?

フルーツたっぷり最新・簡単ポリ袋レシピ「求めたら行き着いた新しい味」も

 フルーツたっぷりのタルトやパイ、マドレーヌなど、どれも自分で手作りするにはハードルが高そうに思えるが、菓子研究家・稲田多佳子さんが生み出したあたらしいお菓子作りのメソッド、"ポリ袋レシピ"ならチャレンジしやすそうだ。

画像は、『ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子』(誠文堂新光社)
画像は、『ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子』(誠文堂新光社)

 稲田さんの最新刊『ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子』(誠文堂新光社)が2020年11月5日に発売される。

 季節のフルーツをふんだんに使ったタルトやパイ、型のいらない・かんたんスコーンやシュトレンのオリジナルスイーツまで約50品が紹介されている。

「りんごの薄焼きパイ」のレシピページ
「りんごの薄焼きパイ」のレシピページ
「アメリカンチェリー×ラズベリーのココアケーキ」のレシピページ
「アメリカンチェリー×ラズベリーのココアケーキ」のレシピページ

 ポリ袋を使えば、手早く失敗なく作れる。また、ボウルを使った作り方を併記したページもあるので、その人にとって作りやすい、都合の良い方法で焼き菓子作りができる。

 本書は、ポリ袋レシピシリーズの第3弾。目次を見ると、「『もっとおいしく、もっとかんたんに』を求めたら行き着いた新しい味のお菓子」という章もあり、フィナンシェとマドレーヌを合わせた「フィナレーヌ」やビスコッティの進化系「ビスコッティークッキー」など、これまでシリーズを読んできたという読者にも新しい発見が待っている。

yakigashi_sub4.jpg
「フィナレーヌ」のレシピページ

 ちなみに、シリーズ第1弾は、日々の食卓に役立つ『ポリ袋でつくる たかこさんの焼き菓子』。第2弾は、米粉やお豆腐を使ったヘルシー編の『ポリ袋でつくる たかこさんのマフィン・スコーン・パン』(ともに誠文堂新光社)。

 おうち時間のティータイムに手作りの焼き菓子があれば、豊かな時間になる。友人へのプレゼントにもぴったり。旬のフルーツを焼き菓子にして楽しもう。


※画像提供:誠文堂新光社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?