読むべき本、見逃していない?

お菓子がふわふわになるのはなぜ? その秘密は"化学反応"にあった!

 ふんわりふくらんだケーキ、ぷるぷるに固まったゼリー。見た目も美しく、美味しいお菓子が出来るのは、材料が化学反応を起こしているからだ。6月18日発売の『お菓子な自由研究』(学研プラス)は、まるで科学実験のような視点から、お菓子作りの秘密と魅力に迫る書籍。

写真は、『お菓子な自由研究』(学研プラス)
写真は、『お菓子な自由研究』(学研プラス)

 本書のコンセプトは、「お菓子作りは科学実験」。コンセプトに基づき、本書では科学の知識を用いてお菓子作りが解説されている。科学といっても難しいものではなく、事前の知識は全くなしで大丈夫。「なぜお菓子はふくらむの?」「なぜお菓子はかたまるの?」といった基本的な原理についての漫画が掲載されており、誰でも楽しんでお菓子作りを学べるようになっている。

写真は、漫画でお菓子作りの仕組みを解説するページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より
写真は、漫画でお菓子作りの仕組みを解説するページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より

 さらに、親子で実際に作ることができるように、お菓子作りのプロセスを写真やイラストで丁寧に解説。少し難しい工程にはQRコードがついており、読み込むと作り方のコツ動画を見ることができる。さらに、火や刃物を使うことも考慮し、注意したい工程には「おうちの人と一緒に」「やけどに注意」「刃物に注意」といったマークが付いている。難易度や制作時間の目安も明記してあるため、子供の年齢に合わせたお菓子を作ることができる。

写真は、パンケーキのレシピのページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より
写真は、パンケーキのレシピのページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より

 また、「自由研究ノート」という、自由研究に役立つコラムも収録されている。これを活かせば、自由研究のテーマに悩むこともない。

写真は、「自由研究ノート」のページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より
写真は、「自由研究ノート」のページ/『お菓子な自由研究』(学研プラス)より

 科学実験のように、楽しみながらお菓子作りを学べる一冊だ。親子で実際にお菓子作りをしてみると、よりいっそう本書を楽しむことができるだろう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?