読むべき本、見逃していない?

白石一文『一億円のさようなら』文庫化され、NHKでドラマも

 直木賞作家・白石一文さんの極上エンターテインメント小説『一億円のさようなら』が、徳間書店からこのほど文庫化された。9月下旬からはNHKのドラマも始まる。

itioku.jpg
画像は『一億円のさようなら』(徳間文庫)

 2018年に刊行され、「これで直木賞を取りたかった。ぼくは、この作品にまるまる2年間費やした。もうこれ以上おもしろい物語は書けないかもしれない」と言わしめた作品。

妻は48億円の遺産を隠していた

 博多の中堅化学メーカーに勤める加能鉄平は、ある日、妻夏代の秘密を知る。30年前、夏代は伯母の巨額の遺産を相続、それは今日まで手つかずのまま銀行にあるというのだ。その額、48億円。結婚して20年。なぜ妻はひた隠しにしていたのか。

 日常が静かに狂いだす。 続々と明らかになる家族のヒミツ。 爆発事故に端を発する社内抗争...。 妻は夫に一億円を渡し、自由に使ってもいいと言う。誰も信じられなくなった鉄平は、人生を取り戻すための大きな決断をする。

金沢で新しい人生を始める

 鉄平はなんの縁もない北陸・金沢で一人暮らしを始める。地元の人たちとの出会いから新しい事業が軌道に乗る。金沢の街と地元の食材を生かした食べ物が魅力的に描かれる。人生の黄昏が見え始めた、多くの五十男の夢と願望が凝縮されたような作品だ。

 本書を原作にしたドラマ「一億円のさようなら」が、NHKBSプレミアムで9月27日からスタートする。連続8回で、上川隆也、松村北斗(SixTONES)、森田望智、安田成美ほかの出演。ドラマでは主人公は故郷へ帰るという設定のようだ。

 BOOKウォッチでは、『一億円のさようなら』のほか、白石さんの自伝的作品『君がいないと小説は書けない』(新潮社)、女性を主人公にしたロングセラー『私という運命について』(角川文庫)を紹介済みだ。

  

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?