本を知る。本で知る。

絵本の付録にスパイス!? ハウス食品、子どもの偏食に悩むママが企画

 ハウス食品が、食育をテーマにした絵本『レッツ・ゴー☆バターチキンカレー』を発売した。

20200824currysub2.jpg
画像は、『レッツ・ゴー☆バターチキンカレー』(ハウス食品)

 コンセプトは「食育体験ができる絵本」で、物語に登場するバターチキンカレーが実際に作れるレシピと、クミン、コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラの4種類のスパイスが付いている。

 なぜ、食品メーカーが絵本を? と驚くが、子どもたちに食への興味を持ってもらいたいという願いが込められている。

20200824currysub3.jpg
画像は、絵本の本編

 絵本は料理に興味がない主人公ジンジャーくんが、スパイスを探す旅の中で料理の奥深さ、食材のありがたみに気付いていくストーリー。カレーは、この絵本のために作ったほとんど辛さを感じないオリジナルレシピで、ルウを入れて作るいつものカレーとは違う色に仕上がるところも面白いと思ってもらえるよう開発したという。

20200824currysub4.jpg
画像は、レシピページ

 企画開発を担当したのは、子どもの偏食に悩みを持つ女性。母として「食」への興味関心を持ってもらいたい、子どもと一緒に「食」にじっくり・ゆっくりと向き合う時間がほしいと思いながら、ままならない現状にもどかしさを感じていたという。そこで、同じような悩みを持つお母さんの役に立つ商品を目指した。

 『レッツ・ゴー☆バターチキンカレー』(ハウス食品)は、AmazonやLOHACOなど、大手ECサイトで購入できる。

 普段、スパイス使いに慣れていない人でもこれなら入りやすい。子どもと一緒に香りや色を楽しみながら、五感を働かせて作るカレーの味は、きっと格別だろう。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?