読むべき本、見逃していない?

「もう目覚めることはできないよ」劇場版『鬼滅の刃』無限列車編10月16日に公開決定!

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴による漫画、「鬼滅の刃」。単行本シリーズ累計発行部数4000万部を突破、TVアニメ化もされ、国内外にファンを持つ超人気作だ。昨年9月の最終話放映時に劇場版の制作が発表されて以来、公開を待ち望んでいたファンも多いのではなかろうか。

 その劇場版『鬼滅の刃』無限列車編(配給:東宝・アニプレックス)の公開日が2020年10月16日(金)に決定した。

main_kimetsu.jpg
画像は、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のキービジュアル。(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 2019年4月~9月に放映されたTVアニメ「竈門炭治郎 立志編」。家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼になった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊するところから始まり、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟(けんげき)、時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、全世界で大きな話題となった。

 最終話「新たな任務」では、炭治郎とその仲間たちが《無限列車》に乗り込むシーンで終わった。劇場版では、その後の物語が描かれる。

sub1_kimetsu.jpg
画像は、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のタイトルロゴ。(C)2020吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【ストーリー】
蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かう。

不気味な子守唄が意味するものは...?

 予告編の第1弾も解禁された。闇を走る列車の中で、「ねんねんころり こんころり」と不気味に響く子守唄。「もう、目覚めることはできないよ」という謎の言葉に戦慄が走る。

 アニメーション制作は、TVアニメ版も手掛けるufotable。ハイクオリティな「血風剣戟冒険譚」を描き上げている。

 炭治郎たちは、悪夢を断ち切れるのか。半年後の公開が待ちきれない。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?