読むべき本、見逃していない?

『地面師たち』発売2日で重版

 2019年12月5日発売の新庄耕さんの文芸書『地面師たち』(集英社)が、 発売2日で重版になった。 発売と同時にAmazon ミステリー・サスペンス・ハードボイルド (本) ランキングで1位を獲得するなど、 大きな話題となっている。

jimensi.jpg
写真は『地面師たち』(集英社)

 不動産売買を餌に、莫大な金を騙し取る詐欺師「地面師」。実際に積水ハウスが大きな被害にあった事件が明るみになった。その組織的犯罪を圧倒的なリアリティーで描いたクライムノベルだ。

 ある事件で母と妻子を亡くした辻本拓海は、大物地面師・ハリソン山中と出会い、彼のもとで不動産詐欺を行っていた。ハリソン一味のメンバーは、元司法書士の後藤、土地の情報を集める図面師の竹下、土地所有者の「なりすまし役」を手配する麗子の五人。 彼らはひと仕事を終え再集結し、ハリソンの提案で次に狙いをつけたのが泉岳寺駅至近にある広大な土地。市場価格100億円という前代未聞の案件だった。一方、 定年を間近に控えた刑事の辰は、 かつて逮捕したが不起訴に終わったハリソン山中を独自に追っていた。

jimensi2.jpg
写真は『地面師たち』人物関係図

 次々と明らかになる地面師たちの素顔、今だかつてない綱渡りの詐欺取引、難航する辰の捜査。 そして、地面師の世界に足を踏み入れた拓海が知った衝撃の事実......。それぞれの思惑が交錯した時、 待ちうけていた結末とは――。

 『地面師たち』の取材に協力した不動産ブローカーは「自らの体験談を踏まえ全面的に技術協力したリアル小説。 我々が普段どんなプレッシャーの下で取引しているか追体験してください」とのコメントを寄せている。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?