読むべき本、見逃していない?

1ケ月後に小惑星が地球に衝突する! どう生きるかを描く

滅びの前のシャングリラ

 2020年本屋大賞を『流浪の月』で受賞した凪良ゆうさんの受賞後第1作が、本書『滅びの前のシャングリラ』(中央公論新社)だ。1ケ月後に小惑星が地球に衝突する。滅亡を前に荒廃していく世界の中で「人生をうまく生きられなかった」4人が、最期の時までをどう過ごすのか。そんなチャレンジングな設定の小説だ。

4つの連作

 「シャングリラ」「パーフェクトワールド」「エルドラド」「いまわのきわ」の4つの連作からなる。

 冒頭の「シャングリラ」の主人公、江那友樹は広島に住む17歳の高校生。ぽっちゃり体型で、勉強は中の下、もしくは下の上という友樹は、ひとつひとつは致命的ではないが、なぜかスクールカーストの下の階層に組み込まれていた。

 名簿順で前後する井上のパシリとして使われる日々にうんざりしていた。そんなある日、小惑星が地球に衝突するというニュースが流れる。

 「漫画や小説や音楽など人生一発逆転の才能も今のところ特に見当たらず、井上の機嫌ひとつに翻弄される日々。おそらく、ぼくは無装備で未来に立ち向かうことになる」
 「それらの憂鬱をすべてリセットしてくれるなら、小惑星でもなんでも落ちてくればいいんじゃないか。出口のない未来ごと、もうどかんと一発でチャラになればいいんじゃないか」

 誰も小惑星の衝突を信じていないし、平穏な世界が続くと思われたが、翌日重大なニュースが世界を駆け巡った。

 「一ヶ月後、小惑星が地球に衝突します」

 東京など都会ではスーパーやコンビニで商品の略奪行為が始まった。広島ではまだ米や水の争奪戦に過ぎなかったが、いずれ危なくなることが予想された。

 友樹が小学生の頃から憧れていた藤森さんが、ライブを見るため東京に行くことを知り、ひそかにガードすることを誓う。井上らが藤森さんに付き添うというので、隠れて新幹線の別の車両に乗り込む。新幹線は停電で新横浜駅の手前で停車。歩いて新横浜駅まで向かい、公園で夜を明かそうとした時、事件が起きた。井上らが藤森さんに襲い掛かった。友樹は石をつかんで思い切り井上に叩きつけた。井上は動かない。

 「クラスメイトを殺した。死んでもまったく悲しくないやつだったが、自分の手で殺すことになるとは思わなかった。額や鼻の頭に汗が噴き出てくる。なんて未来だ。すごい世の中だ。もうなんでもありだ」

 藤森さんと二人で行動する友樹の前に、再び井上が現れ、友樹は絶体絶命の危機を迎える......。

滅亡の前に希望を回復

 関係がないと思われた4人の話がそれぞれ展開する。どうつなげるかと思っていたら、見事につながった。著者の力量に感心した。

 地球滅亡寸前の世界を描きながら、哀しみと静謐さに満ちた作品だ。登場人物の誰もが恵まれない家庭環境で育った。そして滅亡の前に希望を回復する。

 著者の凪良ゆうさんは滋賀県生まれ。2006年、「小説花丸」に「恋するエゴイスト」を発表しデビュー。以降BL(ボーイズ・ラブ)作品を刊行。17年に非BL作品である『神さまのビオトープ』を刊行し、支持を集めた。

 本屋大賞を受賞した『流浪の月』は、拉致監禁事件の加害者と被害者がその後出会い、魂の交流をするという作品だった。そこから本書はまた異なる作風に踏み出している。どこまで進化するか楽しみな作家だ。

 BOOKウォッチでは、『流浪の月』のほか、2020年本屋大賞の候補作品だった砥上裕將さんの『線は、僕を描く』(講談社)、川上未映子さんの『夏物語』(文藝春秋)、川越宗一さんの『熱源』(文藝春秋)=直木賞受賞作、横山秀夫さんの『ノースライト』(新潮社)、小川糸さんの『ライオンのおやつ』(ポプラ社)を紹介済みだ。

  • 書名 滅びの前のシャングリラ
  • 監修・編集・著者名凪良ゆう 著
  • 出版社名中央公論新社
  • 出版年月日2020年10月 8日
  • 定価本体1550円+税
  • 判型・ページ数四六判・336ページ
  • ISBN9784120053405

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?