本を知る。本で知る。

ダイエットの新発想。「デブ味覚」をリセットしてくれる3つの調味料とは?

1日1杯でデブ味覚をリセット! やせ調味料ダイエット

 寒くなるにつれて、動くのが億劫になってきた。運動量は減るのに食欲は増すばかり。運動はしたくないけど、ダイエットはしなくちゃ。そんな方に必要なのは、食事の「量」より「質」の改善だ。まずは、調味料から見直してみるのはいかがだろうか。

 2022年11月16日『1日1杯でデブ味覚をリセット! やせ調味料ダイエット』(マガジンハウス)が発売される。

book_20221110145621.jpg

 著者は、保健師・ダイエット講師の松田リエさん。「まずは食事の質を見直し、味覚をリセットすることが先決!」と述べる。

book_20221110145652.jpg
著者の松田リエさん

 本書では、煮きりみりん、酢たまねぎ、みそヨーグルトの3つの調味料を日々の食事に取り入れることで、太るものを自ら好んで食べてしまう「デブ味覚」を改善していく。

 舌にある味細胞は2週間で生まれ変わるという。その期間に、1日1杯を目安にやせ調味料を摂ることを目指そう。本書では、これらの調味料を使った42品の食べ方やアレンジレシピが収録されている。

 甘いものがやめられない人におすすめなのは、「煮きりみりん」。本みりんを煮詰めてシロップ状にしたもので、上品な甘さが特徴だ。敏感な味覚を取り戻し、「砂糖中毒」から脱却をめざそう。

book_20221110145732.jpg

 血液サラサラ効果で内側から「キレイ」をめざすなら、酢たまねぎがおすすめ。食材の相乗効果で脂肪燃焼に役立つという。調味液はドレッシング代わりに、たまねぎは薬味として楽しめる。

book_20221110145750.jpg

 さらに、腸内環境を整えて「やせ菌」を作るのに役立つのが「みそヨーグルト」だ。便秘の改善や免疫力のアップ、脂肪の燃焼などといったダイエット効果が期待できるという。塩気とうまみがほどよくきいて、クリーミーで使い勝手のよい調味料だ。

book_20221110145808.jpg

 食事量を減らすのではなく調味料を変えるという新発想。家族がいるので食卓のメニューをダイエットメニューに変えにくい方にも取り組みやすい方法だ。「デブ味覚」をリセットして、健やかなやせ体質をめざそう。


※画像提供:マガジンハウス

 
  • 書名 1日1杯でデブ味覚をリセット! やせ調味料ダイエット
  • 監修・編集・著者名松田リエ 著
  • 出版社名マガジンハウス
  • 出版年月日2022年11月16日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数A5判、112ページ
  • ISBN9784838732272

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?