本を知る。本で知る。

「病める人がいるから診る」 医師がコロナ第一波に改めて目を向けた小説『レッドゾーン』

レッドゾーン

「お父ちゃんはお医者さんなのに、コロナの人、助けてあげなくていいの?」

 本書『レッドゾーン』(小学館)は、報道ステーション、朝日新聞、NHKなど80以上のメディアに取り上げられ大反響を呼んだ医療小説『臨床の砦』の続編。

 現役医師である著者の夏川草介さんが、「かつてより少しばかり冷静になった目で」未知のウイルスが医療現場にもたらしたものを再思している。

book_20220926122725.jpg
「昨年、私はコロナ診療をとりあげた一冊の小説を上梓した。第三波を題材とした『臨床の砦』という名のそれは、圧倒的な不安や苛立ちの中で、ともすればコロナ診療から逃げ出したくなる自分を、なんとか踏みとどまらせ、精神の安定を保つための、いわば強壮剤であった。ゆえに完成した作品は、悲鳴のような様相を帯びている。各所で発言したとおり、私は『臨床の砦』に一言も嘘は書いていない。すべて自分自身が経験した事実に基づいて書き上げた。けれどもどんな事実も、伝え方によって受け手の印象はいくらでも変わる。無我夢中で書き上げた『臨床の砦』に、伝え方を考慮する余裕があったかと問われれば、いささか心もとない。本書『レッドゾーン』は、そんな思いの中で、この長い戦いの始まりとなったコロナ第一波に、改めて目を向けた作品である」

――著者・夏川草介さん

 2年半前にクルーズ船の患者をいち早く受け入れてから現在まで、コロナの最前線に立ち続ける「信濃山病院」の"勇気"と"葛藤"が描かれている。

 敷島の勤務する『信濃山病院』は、病床数二百床弱の、長野県の片田舎にある病院だ。その裏口は、本来、患者の車が入ってくる場所ではなく、職員たちの通用口に過ぎないのだが、二年前に発熱外来が設置されて以来、当たり前のように来院者の車が並ぶようになっている。
 車列の間を、ガウンとN95マスクを身に着けた看護師が、iPadを抱えて往来しているのも、いまでは見慣れた景色である。
「今日はゴールデンウイークでしたよね」
 敷島が、そんなことを言いながら、今オンライン診療を終えたばかりの患者のカルテを差し出した相手は、感染担当医の四藤である。
 電子カルテに向き合っていた四藤が肩をすくめて答えた。
「そうですよ。夢と希望に溢れたゴールデンウイークです。しかも三年ぶりに緊急事態宣言も蔓延防止措置もない、夢いっぱいのゴールデンウイーク」
「おまけにラジオだと、第六波は収束傾向だと言っていましたが......」
 敷島がもう一度軽くため息をつく。
 朝の外来開始からすでに二時間が経過し、十人以上が診察を終えているはずだが、一向に途切れる様子もない。
「先週の日曜日は、この時間に三十人は来ていましたから、これでも減っている方だと思いますよ。六波のピークのときなんて、一日で百人以上来て、三十人くらい陽性だった日もあったじゃないですか」

――本書「プロローグ」より

 「信濃山病院」の院長が横浜港に停泊中のクルーズ船内で増加する新型コロナ患者の受け入れを決めたことで、院内外が紛糾する第一話「レッドゾーン」から第二話「パンデミック」、第三話「ロックダウン」まで、濃厚なエピソードばかり。

 過酷な現実のなか、専門じゃないとか役割分担だとかは関係なく、「病める人がいるから診る」というスタンスを真っ当する医師の"誠実さ"に一条の光が見える――。コロナ禍のドキュメンタリーであり、世の中へのメッセージでもある作品だ。

■目次

【第一話】レッドゾーン
日進義信は長野県信濃山病院に勤務する内科医(肝臓専門医)だ。令和二年二月、院長の南郷は横浜港に停泊中のクルーズ船内で増加する新型コロナ患者の受け入れを決めた。呼吸器内科医も感染症医もいない地域病院に衝撃が走る。日進の妻・真智子は、夫がコロナ感染症の患者を診療することに強い拒否感を示していた。

【第二話】パンデミック
千歳一郎は五十二歳の外科医である。令和二年三月に入り、コロナの感染者は長野県でも急増していた。三月十四日、千歳は限界寸前の日進に変わり、スペイン帰りの32歳女性コロナ確定患者を診察し、涙を流される。翌日、コロナ診療チームに千歳が合流した。

【第三話】ロックダウン
敷島寛治は四十二歳の消化器内科医である。コロナ診療チームに加わって二月半が過ぎた。四月上旬、押し寄せる患者に対応し、信濃山病院が総力戦に突入するなか、保健所は感染症病床を六床から十六床に増床するよう要請する。医師たちはすべての責務を信濃山病院だけに負わせようとする要請に紛糾するが、「病める人がいるのなら、我々は断るべきでない」という三笠内科部長の発言により、増床を受け入れる。

■夏川草介(なつかわ そうすけ)さんプロフィール
1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒。医学博士。認定内科医。消化器病専門医。消化器内視鏡専門医。肝臓専門医。長野県にて、地域医療に従事。2009年「神様のカルテ」で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作で10年本屋大賞第2位。「神様のカルテ」シリーズは3度映像化された。他の著作に『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『神様のカルテ0』『新章 神様のカルテ』『本を守ろうとする猫の話』『始まりの木』『臨床の砦』などがある。



  • 書名 レッドゾーン
  • 監修・編集・著者名夏川 草介 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2022年8月30日
  • 定価1,650 円 (税込)
  • 判型・ページ数四六判・320ページ
  • ISBN9784093866477

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?