本を知る。本で知る。

怖すぎ! 実話限定「ほぼ日の怪談」が書籍化

ほぼ日の怪談 おかえり。

 ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の毎夏恒例連載「ほぼ日の怪談」から、書籍化第2弾が登場する。『ほぼ日の怪談 おかえり。』(ほぼ日)は、夏真っ盛りの2022年8月10日に発売だ。

『ほぼ日の怪談 おかえり。』(ほぼ日)
『ほぼ日の怪談 おかえり。』(ほぼ日)

 「ほぼ日の怪談」は、読者から「自分が経験した」または「経験した本人から直接聞いた」怪談を募集して掲載する人気連載。2004年から開始し、これまでに700篇以上の怪談が掲載されている。本書にはこれまで掲載してきた怪談の中から、ウェブ未掲載5篇を含む142篇を収録している。

 装画は第1弾に続いて、画家のヒグチユウコさん。漫画家・松本ひで吉さんのエッセイ漫画と、作家・塩野米松さんの解説がついている。ほぼ日の特約書店、オンラインのほぼ日ストア、ほぼ日の直営店TOBICHI(東京、京都)で販売される。

 2018年に刊行された第1弾書籍『ほぼ日の怪談。』(ほぼ日)も合わせて、この夏はほぼ日でゾクッとしてみては。

第1弾『ほぼ日の怪談。』(ほぼ日)
第1弾『ほぼ日の怪談。』(ほぼ日)


 「ほぼ日刊イトイ新聞」ウェブサイト上の「ほぼ日の怪談」も、8月1日からスタートしている。すでに新たな怪談が続々と集まっているそうで、夏の期間限定で随時更新される。


 さらに、今年からは「ほぼ日」コンテンツをオーディオ化するプロジェクト「聞く、ほぼ日」に、「ほぼ日の怪談」が加わる。オーディオ版「ほぼ日の怪談」は、Apple Podcast、Google Podcast、Spotify、YouTubeなどで聞くことができる。「怪談は文字で読むよりも声で聞いたほうが、雰囲気が出て好き」派の方もいるのでは? 蒸し暑い夜のお供に、ぜひ。


・8月1日(月)配信
冷笑する女性/沖縄への修学旅行/いま、ベッドのとなり/雨の中の友だち/上に続く階
・8月8日(月)配信
持たされた人形/野辺の送りに/コンビニで尋ねる女性/くる、くる、くる....../信じていなくても
・8月15日(月)配信
それぞれの姿で/せまいシングルルーム/誰も住んだことがない?/お決まりの朝のあいさつ/タンスに潜り込む人
・8月22日(月)配信
丘の洋館を目指して/覚えのある手の感触/忘れると、夢に/何かが待ち受けている/穴から出るために
・8月29日(月)配信
8月の人/「今の、見えました?」/愛するものと別れて/椅子の端の指/お父さん、おかえり

※画像提供:ほぼ日


  • 書名 ほぼ日の怪談 おかえり。
  • 監修・編集・著者名ほぼ日刊イトイ新聞
  • 出版社名ほぼ日
  • 出版年月日2022年8月10日
  • 定価880円(税込)
  • 判型・ページ数文庫版・336ページ
  • ISBN9784865017267

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?