本を知る。本で知る。

ストーンズ、ボウイ、hide、シナロケ......ロックスターに愛された「伝説の店」の40年史

レッドシューズ40

 1980年代の"カフェバー"ブームを牽引した伝説的な店、「レッドシューズ」。創業40周年を記念した書籍『レッドシューズ40 ロックの迎賓館の40年』(ぴあ)が刊行されることが決まった。2022年10月28日発売予定だ。


 1981年、西麻布に誕生した「レッドシューズ」は、瞬く間にミュージシャンや業界人たちの間で話題に。カルチャーの交流の場となり、全国的に類似の"カフェバー"が広まってブームを巻き起こした。

 ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、ピンク・フロイド、ブライアン・フェリー、ザ・クラッシュ、ラモーンズなど、世界中のミュージシャンが「レッドシューズ」を訪れた。また、今は亡きX JAPANのhideや尾崎豊も同店をホームグラウンドにしていた。西麻布の店は1995年に一旦閉店するが、2002年、南青山で復活。オアシス、プロディジー、プライマル・スクリーム、フー・ファイターズ、ミューズ、ビョーク、ジャック・ホワイトらが来店し、現在もなお名だたるロックミュージシャンたちに愛されている。

 本書タイトルの「ロックの迎賓館」は、シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠さんによる命名。2代目オーナーの門野久志さんが、ローリング・ストーンズ、hide、忌野清志郎など、そうそうたるロックンローラーたちの「レッドシューズ」にまつわる秘蔵エピソードを綴っている。リアルでロマンたっぷりのロック裏面史をどうぞ。


■内容(仮)
①序章~ロックとの出会い~
②レッドシューズとの出会い
③初代オーナー、松山勲
④狂喜乱舞のローリング・ストーンズ初来日
⑤喧嘩のたえないロッカー、hide
⑥最高のロックンロールカップル、鮎川誠&シーナ
⑦尾崎豊のRED SHOES STORY
⑧ロック界のゴッドファーザー、内田裕也
⑨キングオブロックンロール、矢沢永吉
⑩レッドシューズベイベ~を言えなかった、忌野清志郎
⑪イイね!じゃなかった、クレイジーケンのイイね!
⑫さまざまな海外ロックセレブたち
⑬レッドシューズをとりまく仲間たち

※画像提供:ぴあ




 


  • 書名 レッドシューズ40
  • サブタイトルロックの迎賓館の40年
  • 監修・編集・著者名門野久志 著
  • 出版社名ぴあ
  • 出版年月日2022年10月28日
  • 定価2,200円(税込)

新刊の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?