本を知る。本で知る。

YMOからBTSまで。元BEAMSの青野賢一、音楽とファッションの相互作用を考察!

音楽とファッション 6つの現代的視点

 音楽には、その当時の歴史を知るうえで欠かせない文化的背景がある。それはファッションという文化も同じだ。音楽とファッションが出会い、生まれたムーブメントや流行、そしてアイコニックなアーティストの姿から、現代の問題意識と通底しているトピックスをピックアップした『音楽とファッション 6つの現代的視点』(リットーミュージック)が、7月23日に発売される。

 著者は、元BEAMSのクリエイティブ・ディレクター青野賢一さんだ。

book_20220615144220.jpg
『音楽とファッション 6つの現代的視点』(リットーミュージック)

 青野さんはBEAMSを経て、現在は音楽、ファッション、映画、文学、美術等の文化芸術のフィールドで、文筆家、DJ、クリエイティブ・ディレクターとして活躍している。世界的な視点を武器に、さまざまな媒体で「音楽」と「ファッション」が出会うことで生まれた流行やムーブメントについて、鮮やかに考察してきた。それらの記事を大幅に加筆修正し、書き下ろし原稿を加えて誕生したのが本書だ。

book_20220615144233.jpg

本書のおもな登場人物
イエロー・マジック・オーケストラ、カート・コバーン(ニルヴァーナ)、クルアンビン、ジョン・バティステ、セックス・ピストルズ、ちゃんみな、デヴィッド・ボウイ、BTS、ビョーク、ビリー・アイリッシュ、ボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)、ポール・ウェラー、ボブ・マーリー、マイルス・デイヴィス、リナ・サワヤマ、レディー・ガガ、ローリング・ストーンズ...他
book_20220615144246.jpg

book_20220615144300.jpg

 ジェンダー、文化、レイシズム等、現代にも通ずるセンシティブなトピックを、音楽とファッションに加え、映画や文学の相互作用を考察した本書。単なる音楽とファッションの歴史を示す本で終わらない1冊を、ぜひ確認しておきたい。

 思わずジャケ買いしそうなカバーデザインは、ファッション誌や書籍の装画、official髭男dismやPerfumeといったミュージシャンのアートワークなど、多方面で活躍するコラージュ作家・M!DOR!さんが担当した。

book_20220615144316.jpg

おもな構成
第一章 音楽表現とファッション性におけるジェンダー
第二章 "反"と音楽とファッション----反戦/反体制/反大人
第三章 芸術表現における異文化との交流----変わりゆくボーダーライン
第四章 差別との戦い----レイシズムに反発するアート・センス
第五章 美術とスポーツとテクノロジー----拡張されていくアート・センス
第六章 音楽、ファッションと"悪"----不良性と逸脱の魅力
終章 音楽からファッション・ムーヴメントは生まれるか----結び

■青野賢一(あおの・けんいち)さんプロフィール

 1968年東京生まれ。株式会社ビームスにてPR、クリエイティブ・ディレクター、〈BEAMS RECORDS〉のディレクターなどを務め、2021年に退社、独立する。音楽、ファッション、映画、文学、美術といった文化芸術全般を活動のフィールドに文筆家/DJ/クリエイティブ・ディレクターとして活躍している。著書に2014年の『迷宮行き』(天然文庫/BCCKS)がある。


※画像提供:リットーミュージック

  • 書名 音楽とファッション 6つの現代的視点
  • 監修・編集・著者名青野賢一 著
  • 出版社名リットーミュージック
  • 出版年月日2022年7月23日
  • 定価2,640円(税込)
  • ISBN9784845637782

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ファッション・コスメの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?