本を知る。本で知る。

タクシー強盗殺人事件の被害者家族が綴る、PTSDの記録。

血で染められたコスモス

   7月8日、強盗殺人事件の被害者家族が壮絶なPTSDの記録を綴った『血で染められたコスモス』(パレード)の電子書籍版が発売された。

book_20220712105506.jpg

   ひとりのタクシードライバーが見ず知らずの男に殺害された。料金を踏み倒したいがための犯行という、理不尽で許しがたい事件だ。

   事件からどれだけ年月が経っても、被害者遺族の心の傷は癒えない。そして、無期懲役となっていた犯人であったが、仮釈放中に再犯殺人を行っていたことを、事件から39年後に知る――。

   死刑の基準、量刑相場・同種事案など、被害者遺族の絶望と裁判のあり方を問う問題作。

   本書の目次は以下の通り。

第一章 悪夢の日
 昭和四十六年十一月二日/昭和四十六年十一月三日/
 昭和四十六年十一月四日
第二章 思い出
第三章 PTSD
 自虐行為/フラッシュバック/摂食障害/精神科へ/
 高校時代/大学へ/自殺未遂/結婚へ
第四章 二度目の殺人
 平成二十二年九月二十七日/前を向いて/担当検事との面会/
 遺族同士の交流/最後の手紙
第五章 裁判の日
 第一回公判/四十年目の真実/最後の一句/第二回公判/
 判決/記者会見/消された会見
第六章 裁判を終えて
 事件の共通点/サイコパス/生活保護/刑務所とは/
 量刑相場/死刑の基準/同種事案/相違点/竪山と市橋/
 吉池検事の言葉/光市母子殺害事件の裁判について/
 遺族がマスコミに顔を出すこと/気になる夫の言葉
終章
 お天道様が見ている/応報感情/コスモス

※画像提供:パレード


  • 書名 血で染められたコスモス
  • サブタイトルある強盗殺人事件被害者遺族の四十年にわたるPTSDの記録
  • 監修・編集・著者名酒井幸子 著
  • 出版社名パレード
  • 出版年月日2022年7月 8日
  • 定価1100円(税込)
  • 備考電子書籍版の出版日です

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?