本を知る。本で知る。

ドクターX監修医師が「失敗」した、母の認知症への対処

医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと

 医師・医療ジャーナリストの森田豊さんは、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の監修を務めている。主人公・大門未知子の有名な決めゼリフ、「私、失敗しないので」には、森田さん自身の医師としての思いも反映されている。

 しかし、そんな森田さんが「失敗」してしまったことがあるという。それは、実の母の認知症についてだ。

 森田さんの母は23年前にアルツハイマー型認知症を発症し、現在は施設で暮らしている。今では森田さん以外の家族のことはほとんど誰だかわからなくなっているという。

 森田さんは何を「失敗」し、何を学び、何とどう向き合ってきたのか。『医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと』(自由国民社)に、そのすべてが書き綴ってある。


 アルツハイマー型認知症の多くは、年単位で緩やかに進行する。本人は病識に乏しく、家族はそれと気づかないうちに進んでしまう場合が多い。検査や治療に取りかかるのが遅れても致し方ないと考える人もいるが、僕について言えば、致し方ないでは済まされない。徐々に進行するとはいえ、僕は自分が途方に暮れるまで、家族や主治医と忌憚なく話し合うことも、情報を共有し協力し合うことも、できなかった。
(「はじめに」より)

 「母に心の底から謝罪したい」という森田さん。息子として、医師として、森田さんが深く後悔し、反省したこととは。そして23年間、どう対処しどう向き合ってきたのだろうか。森田さん母子の実体験に加えて、認知症専門医でないながら、医師としての森田さんの知見や、介護施設の取り組みについても盛り込まれている。

 本書は今認知症の親をもつ人たち、そしてこれから親の認知症に向き合うことになるすべての人たちのためのヒントになるはずだ。


【目次】
序章 それは振り込め詐欺から始まった
第1章 忘れる、怒る、無頓着になる。我が家を襲った認知症という嵐
第2章 検査は絶対、「いたしません!」
第3章 なぜ、しっかり者で社交的な母は認知症になったのか
第4章 母、「人」によってよみがえる
第5章 僕なりに考える、認知症の予防と対策
第6章 医師として考えること、息子として思うこと
エピローグ たとえ血のつながった母親じゃなくても

■森田豊(もりた・ゆたか)さんプロフィール
1963年東京都台東区生まれ。医師、医療ジャーナリスト。 秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科を修了、米国ハーバード大学専任講師等を歴任。 現役医師として医業に従事し、テレビ朝日系『ドクターX 外科医・大門未知子』の医療監修を行うなど、種々のメディアや講演等で幅広く活躍中。


※画像提供:自由国民社


  
  • 書名 医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと
  • 監修・編集・著者名森田豊 著
  • 出版社名自由国民社
  • 出版年月日2022年7月 8日
  • 定価1,430 円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・224ページ
  • ISBN9784426128128

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?