本を知る。本で知る。

料理レシピ本大賞ノミネート。「ガレット・デ・ロワ」を巡って生まれた奇跡の物語

王さまのお菓子

 「2022年度 第9回料理レシピ本大賞 in Japan」の「こどもの本」部門にノミネートされた『王さまのお菓子』(世界文化社)。フランスで親しまれるお菓子「ガレット・デ・ロワ」を題材にした甘くて優しいお話だ。

book_20220629123713.jpg
『王さまのお菓子』(世界文化社)

 「ガレット・デ・ロワ」とは、日本語で「王さまのお菓子」という意味に当たるフランスの伝統的なパイのこと。

 毎年1月になると、フランスの多くのケーキ屋さんやパン屋さんでは「ガレット・デ・ロワ」が所狭しと並ぶ。自分たちのお気に入りのお店でこのパイを買い、新年を祝う習わしがある。

 このイベントのお楽しみといえば、パイの中に隠されている陶器の置き物「フェーヴ」を引き当てること。当たった人は、紙で作った王冠をかぶり、その日は王様(女王様)として祝福され、1年間の幸せが約束される。

book_20220629123732.jpg

 『王さまのお菓子』(世界文化社)の主人公は、小さな陶器の人形の女の子。

ミリーは、とうきでできた おにんぎょうです。
豆つぶほどの大きさで、フェーヴとよばれています。
「さあ、いっておいで。きみは だれを しあわせにするんだろうねえ」
パティシエのブランさんに そういわれたミリーは、アーモンドクリームがたっぷりつまった パイのなかへ。
ミリーが中に入ったパイが買われていった家には、男の子の兄弟と、お母さんが病気のために預けられている女の子がいました――。
book_20220629123746.jpg

 フェーヴを当てたい子どもたちと、幸せを担うミリー。それぞれが身近な人を思いやることで生まれたのは、優しい気持ちの連鎖だった。ガレット・デ・ロワを巡って起こる小さな奇跡の物語の結末を、大切な人と一緒に見届けよう。

 本書の帯は、王冠になる特別仕様だ。ガレット・デ・ロワと紙の王冠で、1年の幸せを願ってみてはいかが。

book_20220629123804.jpg
紙の王冠

<著者プロフィール>

文:石井 睦美(いしい むつみ)さん

作家、翻訳家。『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞、新美南吉児童文学賞を受賞。『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞、『わたしちゃん』(小峰書店)でひろすけ童話賞を受賞。作品に「すみれちゃん」シリーズ(偕成社)、『100年たったら』(アリス館)、『まいごのてがみ』(世界文化社)など多数。

絵:くらはし れい さん

岐阜県生まれ。イラストレーター。絵本や書籍の挿画、パッケージのイラストなど、幅広い分野で活躍中。自身のサイトではオリジナルグッズの制作・販売もしている。作品に『レミーさんのひきだし』(小学館)がある。

※画像提供:世界文化社


  • 書名 王さまのお菓子
  • 出版社名世界文化社
  • 出版年月日2021年12月 2日
  • 定価1,650円(税込)
  • ISBN9784418218226

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?