本を知る。本で知る。

健診「異常なし」でも実は高血糖?! 名医が教える「最強の血糖値の下げ方」とは

20万人を診察してわかった 最強の血糖値の下げ方

 日本の糖尿病患者は、予備軍も含めると約2000万人いるという。これは、およそ6人に1人の割合だ。健康診断の結果は「異常なし」でも、実は高血糖という人は大勢いるらしい。

 2022年7月4日発売の『20万人を診察してわかった 最強の血糖値の下げ方』(KADOKAWA)は、糖尿病専門医・牧田善二さんが、

●血糖値を今すぐ下げるべき理由とその方法
●血糖値をコントロールする正しい食事法と、たった2分でできる簡単な運動
●もし糖尿病でも、100歳まで健康に幸せに生きるために必要な「薬と治療法」の最新情報
を余すところなくまとめた実用書だ。

book_20220624164942.jpg
『20万人を診察してわかった 最強の血糖値の下げ方』(糖尿病専門医・牧田善二著)

book_20220627095657.png

book_20220627095717.png

book_20220627095714.png

 糖尿病・高血糖は、誰にとっても他人事ではない。現代社会において誰もがなりうる「糖尿病」「高血糖」から命を守るために本当に役立つ、必読の1冊だ。

【著者コメント】
 糖尿病でも、正しい最新情報があれば100歳まで健康に生きられる
 ――私が医師になった1980年頃、日本の糖尿病患者は100人に1人程度でした。医師仲間からは『糖尿病の専門なんかで食べていけるのか?』とかなり心配されました。それが今、日本の糖尿病患者は予備軍も含めると約2000万人(およそ6人に1人)。さらに深刻なのが中国で、 1億人以上の糖尿病患者がいます。私のクリニックにも多くの中国人患者さんが、海を渡って駆け込んできます。
 しかし糖尿病はシンプルな生活習慣で防げますし、血糖値も下げられます。また、もし糖尿病になっても、薬と治療法に関する最新情報があれば、合併症を回避して100歳まで健康に幸せに生きられる可能性は十分です。
【目次】
■血糖値に関する世間の思い込み――全部、嘘です!
はじめに
第1章 すべての病気と老化は「高血糖」から始まる
第2章 糖質を「摂らされすぎている」私たち
第3章 最強の血糖値の下げ方
第4章 誤解だらけの糖尿病の真実と最新情報
第5章 「死を招く病気」から身を守るために
book_20220624165007.jpg
牧田 善二(まきた ぜんじ)
【著者紹介】
牧田 善二(まきた ぜんじ)
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。 1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGE の研究を約5年間行う。 1996年より北海道大学医学部講師。 2000年より久留米大学医学部教授。 2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE 牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社)、『糖質中毒』(文芸春秋)など著書多数。 2022年春に開設したYouTubeチャンネルで高血糖、食事術、美容などに関する最新情報を発信し話題に。
画像提供:KADOKAWA
  • 書名 20万人を診察してわかった 最強の血糖値の下げ方
  • 監修・編集・著者名牧田善二 著
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2022年7月 4日
  • 定価1,540 円 (税込)
  • 判型・ページ数四六判 240ページ
  • ISBN9784046057730

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?